Researcher Database

Kase Tatsuo

Center for Language Studies Professor
Contact: tkaseres.otaru-uc.ac.jp
Last Updated :2020/08/01

Researcher Information

Affiliation

    Center for Language Studies

Job Title

  • Professor

J-Global ID

Research Areas

  • Humanities & social sciences / Philosophy - Chinese, Indian, Buddhist
  • Humanities & social sciences / Philosophy - Chinese, Indian, Buddhist
  • Humanities & social sciences / Foreign language education
  • Humanities & social sciences / Literature - Chinese

Academic & Professional Experience

  • 2013/10 - Today  Otaru University of CommerceCenter for Language Studies教授
  • 2008/10 - 2013/09  Otaru University of CommerceCenter for Language Studies准教授
  • 1999/09 - 2008/09  Ritsumeikan UniversityCollege of Letters
  • 1996/04 - 2008/09  Osaka Ohtani UniversityFaculty of Literature
  • 1994/04 - 2008/09  Mukogawa Women's UniversitySchool of Letters

Association Memberships

  • 中国語教育学会   日本詞曲学会   日本中国学会   東方学会   日本中国語学会   中国出土資料学会   中国藝文研究会   

Published Papers

  • 楊雄の術數學と『太玄』
    立命館文学 664 2019/12 [Reviewed]
     Scientific journal
  • 《法言》与典故
    嘉瀬 達男
    蜀学 16 2019/10 [Reviewed]
  • 楊雄《太玄》的寫作目的-從楊雄的生平和學問的角度來考察-(楊雄『太玄』の著作目的-楊雄の生涯と学問の視点からの考察-)
    漢代文學與思想國際學術研討會論文集 第十一屆 2019/07 [Reviewed]
  • 『漢書』藝文志・詩賦略と前漢の辞賦
    日本中国学会報 (67) 2015/10 [Reviewed]
     Scientific journal
  • 楊雄の詩経学―『法言』を中心として―
    学林 (53・54) 2011 [Reviewed]
  • 『法言』の表現 : 經書の援用と模倣
    學林 (36-37) 2003 [Reviewed]
  • 「『漢書』揚雄伝所収「揚雄自序」をめぐって」
    学林 (28・29号) 1998 [Reviewed]

Books etc

  • 『白川静を読むときの辞典』
    平凡社 2013/10
  • 目録学発微: 中国文献分類法
    平凡社(東洋文庫) 2013/03
  • 『入門講座 白川静の世界 漢字』
    平凡社 2010
  • 『古書通例―中国文献学入門』
    平凡社(東洋文庫) 2008
  • 『王元化著作集Ⅱ』思辨随筆
    汲古書院 2008
  • 『中国語精選サラダ』
    朝日出版社 2003

Conference Activities & Talks

  • 《法言》的分章分篇与编撰特色 ―兼谈《法言义疏》的几个问题―
    嘉瀬 達男
    四川省扬雄研究会第三届学术会议  2019/11
  • 当下的日本汉学研究
    嘉瀬 達男
    西华大学 文学与新闻传播学院  2019/11
  • 《法言》与典故(『法言』と典故)
    嘉瀬 達男
    四川省揚雄研究会第二届学術会議  2018/12  成都市  成都市郫都区、西華大学
  • 楊雄《太玄》的寫作目的(楊雄『太玄』の著作目的)
    嘉瀬 達男
    第十一屆漢代文學與思想國際學術研討會  2018/10  國立政治大學  國立政治大學中國文學系
  • 獻賦與楊雄賦(献賦と楊雄賦)
    嘉瀬 達男
    第十三屆國際辭賦學學術研討會  2018/10  湖南大學  中國辭賦學會
  • 多喜二「母たち」の中国語訳の意義
    嘉瀬 達男
    2012小樽小林多喜二国際シンポジウム  2012
  • 论扬雄的〈赵充国颂〉 (揚雄「趙充国頌」を論ず)
    嘉瀬 達男
    第五届文选学国际学术研讨会(第5回文選学国際学術研討会)  2002  江蘇省・鎮江
  • 『法言』と五経
    嘉瀬 達男
    日本中国学会第52回大会  2000  東京大学  日本中国学会
  • 关于《法言》的人物批评(『法言』の人物批評について)
    嘉瀬 達男
    “中国古代文论研究的回顾与前瞻”国际学术研讨会(古代文学理論研究の回顧と展望―国際学術研討会)  2000  上海市  復旦大学

Works

  • 翻訳-張承志「正午のカシュガル」
  • 翻訳-張承志「墨濃けれども語れず」

MISC

  • 《法言》与典故(転載)
    嘉瀬 達男  扬子学刊  2-  2019/10  [Reviewed]
  • 近現代における漢詩和訳について-詩人、詞人、歌人と学者-
    小樽商科大学人文研究  (130)  256  -218  2015/12
  • 楊雄「蜀都賦」と都邑賦
    小樽商科大学人文研究  (126)  338  -352  2013/12
  • 多喜二「母たち」中国語訳の意義
    多喜二の文学、世界へ(小樽商科大学出版会)  2013/03  [Invited]
  • 余嘉錫『古書通例』『目録学発微』の版本と成立過程
    小樽商科大学人文研究  (124)  260  -231  2012/12
  • 「楊雄「反離騒」を読む」
    Language studies : 言語センター広報(小樽商科大学)  (19)  2011
  • 楊雄「蜀都賦」訳注
    学林  (51)  2010  [Reviewed]
  • 楊雄「元后誄」の背景と文體
    学林  (46-47)  2008  [Reviewed]
  • 楊雄「答劉劉歆書」とその小學
    立命館白川靜記念東洋文字文化研究所紀要  (2)  2008  [Reviewed]
  • 楊雄「答劉劉歆書」訳注
    立命館白川静記念東洋文字文化研究所紀要  (1)  75  2007  [Reviewed]
  • 蜀における楊雄の處世と學問
    立命館文学  598-  2007  [Reviewed]
  • 書評田中麻紗巳著『後漢思想の探究』
    学林  (43)  107  2006  [Reviewed]
     Book review
  • 諸子としての『史記』-『漢書』成立までの『史記』評價と撰續牀況の検討-
    立命館文学  590-  2005  [Reviewed]
  • 「論揚雄的「趙充国頌」」
    『《文選》与「文選学」―第五届文選学国際学術研討会論文集』(学苑出版社、中国文選学研究会編)  2003  [Reviewed]
  • 「関於『法言』的人物批評」
    『古代文論研究的回顧与前瞻―復旦大学 2000 年国際学術会議論文集』(復旦大学中国語言文学研究所編、復旦大学出版社)  2002  [Reviewed]
  • 序からみた秦漢期の著作
    学林  (31号)  1999  [Reviewed]
  • 秦漢期の序と著作のあり方
    『文化研究』(樟蔭女子短期大学学会)  (13号)  1999
  • 『史記』子貢遊説説話の成立について
    学林(中国芸文研究会)  (27号)  1997  [Reviewed]

Research Grants & Projects

  • 『漢書』芸文志の動態的研究
    文部科学省:科学研究費助成金 基盤研究(C)
    Date (from‐to) : 2015 -2019 
    Author : 内山 直樹
  • 中国語・韓国語による小樽観光案内作成プロジェクト
    文部科学省:地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)
    Date (from‐to) : 2015 -2016 
    Author : 嘉瀬 達男
  • 中国近代文献学―余嘉錫の総合的研究
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    Date (from‐to) : 2010 -2013 
    Author : 古勝 隆一; 内山 直樹; 嘉瀬 達男


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.