詳細検索はこちら

CALUIANU Danielaカルヤヌ ダニエラ

所属部署名
言語センター
職名教授メールアドレス
生年月日ホームページURL
電話番号(代表)0134-27-5206
メッセージ
Last Updated :2017/10/06

研究者基本情報

学歴

  •  - 2002年, 筑波大学, 文芸・言語研究科, 言語学
  •  - 1980年, ブカレスト大学, 外国語学部, 英語学科

学位

  • 博士(言語学)(筑波大学)
  • 博士(筑波大学)

所属学協会

  • 日本言語学会
  • 言語処理学会

委員歴

  • 日本言語学会, 一般会員
  • 言語処理学会, 一般会員

経歴

  •   2010年10月,  - 現在, 小樽商科大学言語センター教授
  •   2007年04月, 小樽商科大学言語センター准教授
  •   2003年04月, 小樽商科大学言語センター助教授
  •   2002年,  - 2003年,  東北大学大学院国際文化研究科COE研究員
  •   1990年02月, ブカレスト大学外国語学部助手
  •   1983年06月, ブカレスト日本人学校教員
  •   1980年09月, ルーマニア・ブレアザ高等学校教員

研究活動情報

研究分野

  • 言語学

研究キーワード

    言語学・音声学

MISC

書籍等出版物

講演・口頭発表等

  • 水海道方言の-ngaと-no
    日本方言研究会第59回研究発表会,   1994年
  • 水海道方言の4つの斜格
    日本言語学会第111回大会,   1995年
  • Two experiencer constructions in Japanese
    2nd International Conference on Construction Grammar;,   2002年
  • Exceptional placement of pronominal clitics in Romanian
    LP2002,   2002年
  • The experiencer alternation in Japanese
    LSK International Summer Conference,   2002年
  • Subjectivity and meta-subjectivity in Japanese
    8th International Cognitive Linguistics Conference,   2003年
  • The role of construction networks in accounting for case alternations
    Fourth International Conference on Construction Grammar (ICCG4),   2005年
  • Emotion scripts and the grammar of emotions in Japanese
    11th International Conference of the EAJS,   2005年
  • The Expletive Object Construction in Romanian
    ICCG4,   2006年
  • ルーマニア語における虚辞目的語構文
    International Conference on Construction Grammar,   2007年
  • ルーマニア語における非典型的構文と他動性の原型
    The 4th Oxford-Kobe Linguistics Seminar: The History and Structure of the Romance Languages,   2008年
  • 水海道方言における意味的に無表格について
    Case in and across languages,   2009年

競争的資金

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 英語, 小樽商科大学
  • 言語学概論, 小樽商科大学
  • 英語特講, 小樽商科大学

その他

所属部局ホームページ

researchmap