詳細検索はこちら

佐山 公一サヤマ コウイチ

所属部署名
社会情報学科
職名教授メールアドレスsayamares.otaru-uc.ac.jp
生年月日ホームページURLhttp://kohichi.net
電話番号(代表)0134-27-5206
メッセージ
Last Updated :2017/08/09

研究者基本情報

基本情報

    プロフィール: 言語,映像,インターネット,マスメディア,さらには,それらを使用するわたしたちの社会的な行動を総合的・包括的に捉え,グローバル化に伴う社会環境の変化がコミュニケーションにもたらす変化を調べています。
     言葉,顔の表情などの中に,わたしたちの潜在意識を知る手がかりがあります。そうした手がかりを調べることによって,私たちの潜在意識のありようを明らかにします。
     異なる文化や社会環境にいる人がどのように考え行動しているかを,現場に行って生のデータを集め分析し,分析した結果を,直感の使える日本のデータと比較します。そうすることによって,世界の現実を明らかにします。

学歴

  • 1995年03月, 博士(行動科学)の学位取得
  • 1988年04月 - 1994年03月, 北海道大学大学院, 文学研究科博士後期課程
  • 1986年04月 - 1988年03月, 北海道大学大学院, 文学研究科修士課程
  • 1985年04月 - 1986年03月, 北海道大学, 文学部, 行動科学科研究生
  • 1982年10月 - 1985年03月, 北海道大学, 理学部, 数学科

学位

  • 博士(行動科学)(北海道大学)

所属学協会

  • 計量国語学会
  • 日本認知言語学会
  • 日本認知科学会
  • 日本心理学会
  • 日本基礎心理学会
  • 日本顔学会
  • 北海道心理学会

経歴

  •   2012年10月,  - 現在, 小樽商科大学, 商学部 社会情報学科, 教授
  •   2007年04月,  - 2012年09月, 小樽商科大学, 商学部, 准教授
  •   2004年04月,  - 2007年03月, 北海道大学文学部, 非常勤講師 「情報化時代の心理学」
  •   1995年04月,  - 2005年03月, 小樽商科大学, 商学部, 社会情報学科助教授
  •   2003年01月,  - 2003年12月, ニュージーランド・オタゴ大学人文学部英語学科言語学プログラム, 客員研究員
  •   2000年04月,  - 2002年03月, 北海道大学文学部, 非常勤講師 「情報化時代の心理学」
  •   1998年04月,  - 2002年03月, 北海道教育大旭川校, 非常勤講師 「認知科学」
  •   1997年10月,  - 1999年09月, 札幌医療科学専門学校, 非常勤講師 「言語心理学」
  •   1994年10月,  - 1995年03月, 札幌医療科学専門学校, 非常勤講師 「言語心理学」
  •   1993年04月,  - 1994年09月, 北星学園大学文学部, 非常勤講師 「情報処理論」
  •   1990年04月,  - 1994年09月, 北海道職業能力開発短期大学校, 非常勤講師 「心理学」
  •   1992年10月,  - 1994年03月, 札幌ソフトウェア専門学校, 非常勤講師 「知識情報処理」
  •   1992年10月,  - 1993年03月, 北海道大学文学部, ティーチングアシスタント「行動科学研究法」
  •   1990年10月,  - 1992年03月, 札幌ソフトウェア専門学校, 非常勤講師 「認知科学」

研究活動情報

研究分野

  • 実験心理学
  • 認知科学

研究キーワード

    ソーシャルメディア, 観光, 比喩, 笑い, 表情, 顔, 実験心理学, 身体性, 言語理解, 隠喩, 認知心理学, 実験系心理学, ブランドイメージ, オノマトペ, 年齢判断, 言語, 似顔絵, 顔認知, 文理解, 携帯メール, 概念的比喩, 認知過程

論文

書籍等出版物

講演・口頭発表等

  • 顔の第一印象は時間とともにどのように変化するか?
    佐山 公一, 日本心理学会第78回大会,   2014年09月
  • 携帯メールはなぜ短くなるのか?: 入力作業にかかる負荷の大きさと産出される文の長さとの関係
    佐山 公一, 日本心理学会第77回大会,   2013年09月
  • Semantic Clues for Novel Metaphor Generator
    佐山 公一, The 2nd International Workshop of Computational Creativity, Concept,   2013年08月
  • 作り笑いと自然な笑いのコミュニケーション上の性質の違い: 笑いの受け手の感情状態が笑いの印象判断に及ぼす効果
    佐山 公一, 日本グループ・ダイナミックス学会第60回大会.,   2013年08月
  • 作り笑いは自然な笑いとどのように異なるか?: 笑いの受信者の感情状態が笑いの印象判断に及ぼす効果
    日本心理学会第76回大会発表論文集,   2012年09月
  • Computing Humorous Metaphors. (学会発表,審査あり)
    Proceedings of The 34th annual meeting of the Cognitive Science Society (CogSci 2012),   2012年08月
  • Humor, Emotions and Communication: Human-like Issues of Human-Computer Interactions (Publication based presentation). (学会発表,審査あり)
    Proceedings of The 34th annual meeting of the Cognitive Science Society (CogSci 2012),   2012年08月
  • Beyond Conventional Recognition: Concept of a Conversational System Utilizing Metaphor Misunderstanding as a Source of Humor. (学会発表,審査あり)
    Proceedings of The 26th Annual Conference of Japanese Society for Artificial Intelligence (JSAI2012), International Organized Sessions,   2012年06月
  • Emotion Recognition in Humorous Human-Computer Communication: A Conversational System Using Humor According to User Emotions. (学会発表,審査あり)
    The 6th Conference on Language, Discourse, and Cognition (CLDC 2012),   2012年05月
  • 第一印象が良いほど後の印象が悪くなる?: 笑顔と無表情のギャップが好感度を下げる
    日本心理学会第75回大会発表論文集, 674,   2011年09月
  • 携帯メール産出過程における自己参照
    北海道心理学会・東北心理学会第11回合同大会(北海道心理学会第58回大会)発表抄録, 85,   2011年08月
  • Novel metaphors translated directly from foreign languages. (学会発表,招待)
    International Symposium. Cognitive Linguistics and Second Language Acquisition: Towards an Integration of Language, Culture and Cognition.,   2011年01月
  • 自分が思うほど相手は自分を気にしない?: 他人に映る自分と自己認識のズレ
    北海道心理学会第57回大会発表抄録, 79.,   2010年10月
  • 第一印象が悪い方が後の印象が良くなる?: 無表情と笑顔のギャップがもたらす好感度の違い
    日本心理学会第74回大会発表論文集, 644.,   2010年09月
  • Towards Artificial Tutors:&0d0a;Robots, as Teachers and Partners for Children
    言語獲得と理解研究会,   2009年12月
  • 単語の色はどのように記憶されるか?
    北海道心理学会第56回大会発表抄録, 21.,   2009年10月
  • 新聞見出しの中の助詞『に』と『へ』の理解の違い:音読課題を用いた実験
    日本心理学会第73回大会発表論文集, 928.,   2009年08月
  • 大学生の職業選択に与える親の影響の強さ(?): 男子/女子学生,父親/母親別に見た多母集団分析
    北海道心理学会第55回大会研究発表抄録, 38.,   2008年10月
  • 終助詞『ね』『よ』『な』が変えるブログと読み手の距離感
    日本心理学会第72回大会発表論文集, 978.,   2008年09月
  • 北海道のスキー場選択に関する意識調査:Webを利用した実験
    北海道開発協会 第3回助成発表会,   2007年11月
  • 学生の職業選択に与える親の影響の強さ: 共分散構造分析による測定
    北海道心理学会第54回大会研究発表抄録, 25.,   2007年10月
  • A dynamic memory management system based on forgetting and recalling
    電気・情報関係学会北海道支部連合大会,   2007年10月
  • 新聞見出しにおける助詞『に』と『へ』の使い分け: 文字数が限られると助詞の統語的役割が拡張される?
    日本心理学会第71回大会発表論文集, 867.,   2007年09月
  • The idea of dynamic memory management system based on a forgetting-recalling algorithm with emotive analysis
    言語獲得と理解研究会,   2007年08月
  • 英語母語話者における方向づけの比喩の心理学的実在: ストループ課題を用いた実験
    日本心理学会第70回大会発表論文集, 919.,   2006年11月
  • 新奇な隠喩文の理解過程: 隠れた類似性を見つけるオンラインメカニズム
    日本心理学会第69回大会発表論文集, 944.,   2005年09月
  • 国のイメージ,地域のイメージ,都市のイメージ
    国のイメージ,地域のイメージ,都市のイメージ. 北海道心理学会第51回大会研究発表抄録, 45.,   2004年10月
  • 商品ブランドの誤帰属
    日本心理学会第66回大会発表論文集, 799.,   2002年09月
  • 顔が人に与える印象と自己認識とのズレ
    日本心理学会第65回大会発表論文集, 281.,   2001年11月
  • 外国語から“直訳”された新奇な隠喩文の理解過程
    日本心理学会第65回大会発表論文集, 476.,   2001年11月
  • 文理解過程における照応関係の認定と心内辞書検索の時間順序: 難解な専門語句に意味説明は必要か?
    北海道心理学会48回大会(北海道心理学会・東北心理学会第9回合同大会)(北海道教育大学札幌校),   2001年07月
  • 方向づけの比喩の経験的基盤について
    北海道心理学会48回大会(北海道心理学会・東北心理学会第9回合同大会)発表抄録集, 73.,   2001年07月
  • 隠喩文の理解を支える方向づけの比喩: 直訳された新奇な隠喩文と原文との比較
    日本認知科学会第18回大会発表論文集, 112-113.,   2001年06月
  • 新奇な隠喩文の理解を支える方向づけの比喩
    北海道心理学会第47回大会発表抄録集, 31.,   2000年12月
  • 似顔絵とトレースの認知の違い: 顔の個性について
    日本心理学会第64回大会発表論文集, 581.,   2000年11月
  • Comprehension of novel metaphor. Braiding the multiple threads of interdisciplinary research on metaphor (work shop)
    日本認知科学会第17回大会発表論文集, 297.,   2000年06月
  • 顔から読みとりやすい感情と読みとりにくい感情: 表情の文脈依存性について
    日本心理学会第63回大会発表論文集, 497.,   1999年11月
  • Interpretation of Japanese nominal tautologies. (学会発表,審査あり)
    Proceedings of the Second International Conference on Cognitive Science, 1140-1143.&0d0a;Cognitive Science Society,   1999年07月
  • 平文談話コーパスからの統語規則の自動獲得: 人間の統語処理を考慮した解析システム(原理). (学会発表,審査あり)
    言語処理学会第5回年次大会ワークショップ論文集, 29-32.,   1999年03月
  • 平文談話コーパスからの統語規則の自動獲得: 人間の統語処理を考慮した解析システム(処理の詳細). (学会発表,審査あり)
    言語処理学会第5回年次大会発表論文集, 418-421.,   1999年03月
  • ファッション雑誌が若者の衣服の購買意思決定に与える影響
    北海道心理学会第45回大会発表抄録集, 44.,   1998年11月
  • 人は顔から年齢をどのようにして読み取るのか?: “保母”と“老人介護士”との比較
    日本心理学会第62回大会発表論文集, 592.,   1998年10月
  • 顔から年齢を読むのは上手になるか?: 年齢の判断に与える経験の効果
    日本認知科学会第15回大会発表論文集, 14-15.,   1998年06月
  • 隠喩文の理解を支える慣習的比喩
    日本心理学会第60回大会発表論文集, 854.,   1996年09月
  • 慣習的比喩の言語知識について
    日本心理学会第59回大会発表論文集, 834.,   1995年10月
  • 隠喩文の理解しやすさに及ぼすカテゴリーのレベルの効果
    日本心理学会第58回大会発表論文集, 889.,   1994年10月
  • 日本語の基本カテゴリー
    北海道心理学会第40回大会発表抄録集, 13.,   1993年11月
  • 隠喩としての理解しやすさと適切さとの関係
    日本教育心理学会第34回総会発表論文集, 378.,   1992年10月
  • 日本語名詞述語文の意味解釈過程のモデル化(?): “典型性”の概念ネットワーク上での表現
    日本心理学会第55回大会発表論文集, 380.,   1991年10月
  • 「Ad hocカテゴリー」へのカテゴリー化 vs. 「顕著性の不均衡」の計算: 比喩文意味解釈過程の二つの見解の比較検討
    北海道心理学会第38回大会(北海道心理学会・東北心理学会第7回合同大会)発表抄録集, 39-40.,   1991年08月
  • 同語反復文と隠喩文の意味解釈を支える概念知識構造の提案: 典型性と顕著性の概念ネットワーク上での表現
    日本認知科学会第8回大会発表論文集, 34-35.,   1991年07月
  • 日本語名詞述語文の意味算定手続き: “文字通り”の理解から修辞的な理解まで
    日本認知科学会第7回大会発表論文集, 124-125.,   1990年07月
  • 日本語名詞述語文の意味解釈過程のモデル化(?): 問題と知識表現
    日本心理学会第54回大会発表論文集, 683.,   1990年06月
  • 日本語名詞述語文の意味解釈過程のモデル化(?): その処理手続き
    日本心理学会第54回大会発表論文集, 684.,   1990年06月
  • 同語反復文と比喩文の理解過程における文脈効果
    日本心理学会第53回大会発表論文集, 848.,   1989年11月
  • 修辞理解の認知過程: 連辞的同語反復文の理解過程の実験的検討
    北海道心理学会第35回大会発表抄録集, 8.,   1989年02月
  • 同語反復文の理解過程
    日本心理学会第52回大会発表論文集, 783.,   1988年10月
  • 修辞理解の認知過程: 同語反復文の場合(隠喩文との比較)
    日本認知科学会第5回大会発表論文集, 72-73.,   1988年06月
  • 修辞理解に関わる心理次元: 印象評定データのクラスター分析
    日本心理学会第51回大会発表論文集, 377.,   1987年10月
  • 同語反復(tautology)の理解過程
    北海道心理学会第34回大会(北海道心理学会・東北心理学会第6回合同大会)発表抄録集, 68.,   1987年08月
  • 修辞表現理解過程における“逸脱”の検出: 会話の原則に照らした新しい修辞分類の試み
    日本認知科学会第3回大会発表論文集, 58.,   1986年06月
  • 修辞理解における心理的効果について: 尺度評定法による実験
    北海道心理学会第33回大会発表抄録集, 17.,   1985年11月

競争的資金

  • おたるくらし・小樽生活中文・Otaru Class:SNSを使った地域観光ブランドのグローバルな発信
    小樽商科大学(学長政策経費・学内競争的研究費), 平成26年度地(知)の拠点整備事業(COC) 地域志向研究プロジェクト,   2014年08月 - 2015年03月, 佐山 公一
  • 地域メディアのリテラシー教育
    小樽商科大学(学長政策経費・学内競争的研究費), 平成26年度地(知)の拠点整備事業(COC) 地域志向教育プロジェクト,   2014年08月 - 2015年03月, 佐山 公一
  • 行動データの視覚的な構造モデルの構築と実験室実験への動画の利用
    小樽商科大学(学長政策経費・学内競争的研究費), 平成26年度先進的なアクティブ・ラーニングおよびサービス・ラーニング教育手法の開発および実践支援事業,   2014年08月 - 2015年03月, 佐山 公一
  • フェイスブック上の小樽の中国語情報は小樽滞在に結びつくか:外国人に対するソーシャルネットワーク利用動態調査
    小樽商科大学(学内競争的研究費), 平成25年度地(知)の拠点整備事業(COC)地域志向研究プロジェクト,   2014年01月 - 2014年03月, 佐山 公一
  • プロジェクト
    小樽商科大学(学内競争的研究費), 平成25年度先進的なアクティブ・ラーニングおよびサービス・ラーニング教育手法の開発および実践支援事業,   2013年10月 - 2014年03月, 佐山 公一
  • ソーシャルメディアを使った小樽のブランド化
    小樽商科大学(学長裁量経費・学内競争的研究費), 地域・社会貢献プロジェクト支援事業,   2013年04月 - 2014年03月, 佐山 公一
  • Webを使ったメタファー概念ネットワーク:文化を超えた隠喩を処理する認知システム
    文部科学省 科学研究費補助金 特別研究員奨励費(外国人特別研究員),   2011年10月 - 2013年09月, 佐山 公一
  • ブログ,ニュース,携帯メールの産出・理解過程における日本語機能の拡張
    文部科学省, 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究),   2010年 - 2011年, 佐山 公一, 研究計画の趣旨に従い,次の三つの実験を行った。(1)携帯メールを書くとき,産出しようとするメールの情報量が増えるほど,打鍵数も飛躍的に多くなり,打鍵数を減らさない限り,意図するメールを産出しにくくなる。打鍵数を減らすためには,今まさに産出しようとしている発話そのものに注意を向ける必要が生じる。実験では,実際に携帯メールを産出してもらった。実験の結果,言おうとしている表現そのものを意識しながら実際に携帯メールを書いていることが確認された。(2)単語の色がどのように記憶されるかを実験的に調べた。潜在記憶課題を用いた実験の結果,学習段階では,単語の色を答えてもらうと,色単語,高連想語,中連想語,低連想語,無連想語の順に反応時間が大きくなったが,読みを答えてもらうと,これらの単語のグループの間の反応時間に差は認められなかった。テスト段階では,単語の配色に対する好ましさを判断してもらった。学習段階で呈示していた配色の単語を好ましい配色として選ぶ割合が測定された。学習段階で色を答えていた場合には,先の単語のグループ間の正答率に差が生じないが,読みを答えていた場合には,色との意味的な関連性が高いほど正答率が高い傾向が認められた。単語の読みの処理は自動化されていると考えられるが,あえて単語の読みに注意を向けると,記憶痕跡はより強固となり強い潜在記憶となって残ることが示唆された。(3)グローバ...
  • 外国人から見た北海道のイメージの多層性
    小樽商科大学(学内競争的研究費), 小樽商科大学地域研究会研究プロジェクト助成,   2009年07月 - 2010年03月, 佐山 公一
  • スキー場選択行動の国際比較:北海道人のスキー場選びと欧米人のスキー場選び
    公益信託 北海道開発国際交流基金,   2006年 - 2007年
  • 北海道のスキー場選択に関する意識調査:Webを利用した実験
    (財)北海道開発協会,   2006年 - 2007年
  • 言語と映像の総合的理解に関する認知心理学的研究
    文部科学省, 科学研究費補助金(奨励研究(A)),   1999年 - 2000年, 佐山 公一, 1.言語の理解(1)隠喩文の理解過程に慣習的比喩の一つである方向づけの比喩がどのように関わっているのかを調べた.新奇な隠喩として理解する場合,ソースとターゲットとの間に新しい対応関係を心内に作ることが必要である.この対応関係を作ることができるか否かは,ターゲットの"属性"とソースの"属性"との間にマッチングが成立するかどうかで決まるが,マッチングが成立するかどうかは,最終的に方向づけの比喩に至る尺度概念の連鎖(佐山,1996)を参照できるか否かにかかっている.ただし,実際に隠喩的な理解に必要とされるのは問題となっているマッチングに対応する尺度概念の対だけである.なぜこうした尺度概念の連鎖によって隠喩的な理解が支えられているのかを説明するために,マッチングの意味的な分類が行われ,その分類にもとづいてマッチングと尺度概念の連鎖との関係がさらに詳しく考察された.(2)新奇な隠喩文を使って,隠喩文の理解しやすさと適切さとの間の関係を調べた.中国語およびポーランド語でよく使われる隠喩文を日本語に直訳し新奇な隠喩文を作り適当な文脈をつけ読解時間を測定した.(3)経済や法律,コンピュータ,生命工学などといった分野の文章には,その分野特有の専門用語が数多く登場する.一般の読者にとって,難解な専門用語の含まれる文を理解するのは難しい.文理解の中で,文を構成する専門用語の照応関係の認定を先に行う...

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 知識情報論Ⅱ知識情報論Ⅱ(統計分析演習,分散分析), 小樽商科大学大学院
  • 知識情報論Ⅰ(統計分析演習,因子分析,共分散構造分析)), 小樽商科大学大学院
  • 応用情報論Ⅱ(統計分析), 小樽商科大学商学部社会情報学科
  • 認知科学(人間の言語情報処理), 小樽商科大学商学部社会情報学科
  • 社会情報入門Ⅰ, 小樽商科大学商学部社会情報学科
  • 知識科学基礎(認知心理学), 小樽商科大学商学部社会情報学科
  • 知識科学(認知科学論文講読演習), 小樽商科大学大学院

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • 日本心理学会地域別代議員(北海道), 運営参加・支援,   2013年03月 - 現在
  • 北海道心理学会理事, 運営参加・支援,   2003年03月 - 現在
  • 北海道新聞朝刊小樽・後志版『おたるくらし』プロジェクトの紹介記事, 取材協力, 北海道新聞,   2015年03月03日
  • 北海道新聞朝刊札幌市内版『おたるくらし』プロジェクトの紹介記事, 取材協力, 北海道新聞,   2013年09月28日
  • 北海道新聞朝刊小樽市内版『おたるくらし』プロジェクトの紹介記事, 取材協力, 北海道新聞,   2013年09月27日
  • 北海道新聞朝刊 24面全面 小樽スキー発祥100周年記念シンポジウムの内容の掲載記事, 取材協力, 北海道新聞,   2012年02月28日
  • 北海道新聞朝刊 札幌版 小樽スキー発祥100周年記念シンポジウムの記事, 取材協力, 北海道新聞,   2012年02月05日
  • 小樽商科大学100周年記念シンポジウム, パネリスト, 小樽商科大学, 小樽のスキー場をブランド化するには?,   2012年02月04日
  • 第3回助成発表会(新しいステージを迎えた北海道観光とその展開方向), 講師, 北海道開発協会,   2007年07月
  • もぎたてラジオ便「私の研究室」コーナー, 出演, NHK札幌放送局,   2001年09月06日

その他

所属部局ホームページ

researchmap