詳細検索はこちら

伊藤 一イトウ ハジメ

所属部署名
商学科
職名教授メールアドレス
生年月日ホームページURL
電話番号(代表)0134-27-5206
メッセージ
Last Updated :2017/08/09

研究者基本情報

学歴

  •  - 2001年, 英国マンチェスター大学マンチェスタービジネススクールPh.Dコース修了
  •  - 1992年03月, 学習院大学, 経営学研究科, 経営学
  •  - 1985年03月, 学習院大学, 経済学部, 経営学

学位

  • 経済学修士
  • 博士(Manchester Business School,marketing)(その他)
  • 経営学博士(その他)

所属学協会

  • マーケティングサイエンス学会
  • 日本商業学会
  • 生活経済学会

委員歴

  •   2008年 - 2010年, 日本商業学会, 常任理事
  • 地域活性学会, 理事(広報担当)
  • 生活経済学会, 副会長・部会長・支部長等

経歴

  •   2004年, 小樽商科大学商学科長
  •   1999年, 小樽商科大学商学部教授
  •   1994年, 小樽商科大学大学院商学研究科担当
  •   1992年, 小樽商科大学商学部助教授

研究活動情報

研究分野

  • 商学

研究キーワード

    商学

論文

MISC

  • ケースメソッドを利用した、医療機関経営に関わる専門人材の養成・能力開発プログラムの開発と実証に関する研究
    徳田禎久(代表), 池上直己, 西澤寛俊, 長谷川友紀, 伊藤 一, 平成23‐24年度厚生労働科学研究費補助金事業実績報告書(地域医療基盤開発推進研究事業),   2012年05月
  • 簡易保険事業ブランドの評価とブランド資産の解明
    伊藤 一, 平成16年度簡易保険文化財団・研究助成金報告書,   2005年06月
  • 宿泊事業の顧客満足度尺度開発
    伊藤 一, 平成12-15年度科学研究費補助金報告書(基盤研究B),   2004年05月
  • 小売購買組織の構造と機能
    伊藤 一, 平成11-14年度-科学研究費補助金報告書(基盤研究C),   2003年05月
  • 購買部門での戦略性と企業間連携の規程要因分析における日英比較研究
    伊藤 一(代表) 田島義博(学習院大学)、和田一夫(東京大学)、 G.Davies,(MBS), 平成10-13年度科学研究費補助金報告書(基盤研究B(2)(国際科研費)),   2002年05月
  • 販売チャネルにおける営業形態と信頼性の意義についての一考察
    伊藤 一, 平成11年度簡易保険文化財団・研究助成金報告書,   2000年06月
  • 高集中化流通経路でのトレードマーケティング戦略の日英比較研究
    伊藤 一, 平成9-10年度科学研究費補助金報告書 (基盤研究C),   1999年05月
  • 購買部門の戦略性と企業間連携について
    伊藤 一, Discussion paper series, 45,   1998年06月
  • Japanese Distribution Systems :Change in the Business Environment and the Importance of Key Accounts
    International Centre for Retail Studies; Manchester Business School , Working Paper,   1996年01月
  • 飲食料品卸における協業化の傾向
    伊藤 一, 平成6年度科学研究費補助金報告書 (奨励研究A),   1995年05月
  • 商取引慣行の効果と実態
    伊藤 一, 平成5年度科学研究費補助金報告書 (奨励研究A),   1994年05月
  • 和が国の小売業の産業構造分析
    (財)流通経済研究所 流通情報,   1991年12月

書籍等出版物

講演・口頭発表等

  • A comparison of Community Pharmacies in Japanese chain on the relative impact of core and Auxiliary Elements on Service Evaluation(Refereeing)
    Hajime Itoh, C. Praet , H. Sakurai,, Japan Operations Management & Strategy Association, The 2nd international Symposium on Operations Management and Strategy 2012,   2012年11月
  • The Relative Impact of Core and Auxiliary Elements on Service Evaluation: A Comparison of Community Pharmacies in a Japanese Chain(Refereeing)
    Hajime Itoh, C. Praet , H. Sakurai,, Europa Operations Management Association, 4th Word Conference,   2012年07月
  • Information Asymmetry and Service Evaluation in Professional Services: An Empirical Study
    Hidehiko Sakurai, Y. Hayase,  Hajime Itoh, C. Praet, 34th ISMS Marketing Science Conference,   2012年06月
  • 表層的サービスと本質的サービスの相対的な影響:SERVQUAL次元を基にした保険薬局の一実証研究
    伊藤一, 桜井秀彦、 カロラス・プラート, 日本オペレーションズ・マネジメントストラテジー学会,   2012年06月
  • BSCによる病院経営改善の視点−従業員満足度を起点に−
    伊藤一、福地純一郎, 日本オペレーションズ・マネジメントストラテジー学会,   2011年05月
  • 品質向上のオペレーションと戦略についての関連性
    伊藤一、桜井秀彦, 日本オペレーションズ・マネジメント&ストラテジー学会研究大会,   2010年05月
  • A study of Co-relationship between the KPI performance and the penetration by using the Balanced Scored Card In Medical industry(Refereeing)
    Hajime Itoh Junichiro Fukuchi, Production and Operations Management Society 3rd World Conference,   2008年08月
  • Optimization Problem for the Column Assignment of a Vending Machine(Refereeing)
    Toshiko Tkeuchi, Hajime Itoh Junichiro Fukuchi, Production and Operations Management Society 3rd World Conference,   2008年08月
  • 自動販売機コラム割り当て最適化
    日本OR学会,   2008年
  • BSCを利用した医療事業におけるKPI成果と集中における相関分析
    Production and Operation Management,3th World Conference,   2008年
  • ベンダーマシンにおけるコラム割の最適化分析
    Production and Operation Management,3th World Conference,   2008年
  • 医療組織における職務満足度調査について
    日本商業学会北海道部会,   2008年
  • 医療機関の提携による医療品共同購買組織の意義について
    伊藤 一, 生活経済学会全国研究大会,   2007年04月
  • 医薬品の流通における共同購買の意義
    商業,   2006年
  • 医療機関の共同購買組織
    伊藤 一, 日本商業学会北海道部会,   2005年10月
  • 保険事業における顧客リレーションシップについて-営業資源の観点を中心に-
    伊藤 一, 生活経済学会北海道部会,   2005年09月
  • 保険事業の信頼性についての調査-リレーションシップマーケティングの視点から-
    伊藤 一, 生活経済学会全国研究大会,   2005年05月
  • Internal and External View of the Corporate in the Japanese Hotel Industry(Refereeing)
    Hajime Itoh, Gary Davies, 7th International Conference on Corporate Reputation, Identity and Competitiveness,   2003年05月
  • The Topic Problem of Retailing towards E-commerce World
    Hajime Itoh, Gary Davies, The international Symposium on E-commerce the 90th commemoration of Otaru University of Commerce,   2001年09月
  • 小売構造と法規制の関係
    伊藤 一, 日本商業学会北海道部会,   2000年04月
  • 宿泊施設におけるCS経営の分析視点
    伊藤 一, 日本商業学会北海道部会,   1999年12月
  • 小売バイヤーの組織と機能
    伊藤 一, 日本商業学会北海道部会,   1998年12月
  • 小売バイヤーの行動と役割
    伊藤 一, マーケティングサイエンス学会、『流通・マーケティング研究部会』,   1998年
  • 小売バイヤーの購買基準における日英比較研究―“関係性”の視点から
    伊藤 一, 日本商業学会東日本大会,   1998年01月
  • 小売バイヤーの購買基準における信頼性の位置付けについての日英比較研究
    伊藤 一, 日本商業学会北海道部会,   1997年10月
  • わが国の商取引慣行における問題点
    伊藤 一, 日本商業学会北海道部会,   1992年07月

作品

  • 医療機関のBSC戦略
    伊藤 一 , 長谷川友紀 , 佐藤 剛, 教材,   2010年05月
  • 医療機関の広報戦略
    伊藤 一, 教材,   2009年05月
  • 医療機関の事業再生
    伊藤 一 , 梶原武久 , 李 濟民, 教材,   2007年05月
  • 医療機関の資金調達
    伊藤 一 , 梶原武久 , 李 濟民, 教材,   2006年05月
  • CSに係るビジネス開発プロジェクト
      1999年
  • 日本の商取引慣行(建値,リベート)に関する調査
      1992年
  • 日英におけるトレードマーケティングストラテジー研究の現状
      1995年
  • 日英における流通政策の国際比較研究
      1995年
  • 我国卸売業の戦略的研究
      1994年

競争的資金

  • 医療事業のサービス品質と顧客満足度との関係構造の解明
    文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)),   2013年 - 2015年, 伊藤 一
  • ケースメソッドを利用した、医療機関経営に関わる専門人材の養成・能力開発プログラムの開発と実証に関する研究
    厚生労働省, 厚生労働科学研究費補助金事業(地域医療基盤開発推進研究事業),   2011年 - 2012年, 徳田禎久, (研究分担者)池上直己, 西澤寛俊, 長谷川友紀, 伊藤 一
  • 宿泊事業における顧客満足度の評価尺度開発
    文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)),   2000年 - 2003年, 伊藤 一, 今回の研究は3つの調査によって構成される。第一調査は、サービス品質について、特にSERVQUALの手法に関連したものである。先行研究ではサービスの"無形性"の側面を強調したものが多く、概してサービスの"有形性"にそれほど注目してこなかった。そこで本研究で北欧学派の理論により刺激され、"情緒的有形性"に"客観的有形性"などを加え理論を構築しようと試みた。日本のホテル利用客のデータを用いて、結果"情緒的有形性"があることを実証した。調査の結果、サービスの"有形性"には"情緒的有形性"と"客観的有形性"双方の側面が顧客満足に強く影響していることがわかった。国民文化やサービスのタイプにより次元構造やサービス品質への相対的重要度が和らげられていると推測されるもわかった。第二の調査では顧客と従業員の認識のギャップについて焦点を当てた。この研究はブランドパーソナリティーの手法を使って、日本の温泉ホテルの顧客と従業員の認識について調査した。アィデンティティーとイメージは相関しており、異なる文化においても先行研究を確証できた。これら2つの調査をうけて、第3の調査では台湾観光客の行動や意識を理解して彼らが期待するサービス要素を明らかにすることを目的として一対比較法を中心とする質問票調査を2001年秋に実施した。期待度や重要度に関する質問票として従来からよく用いられる方法は評定尺度法である。しかし...
  • 小売購買組織の構造と機能
    文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)),   1999年 - 2002年, 伊藤 一, バイヤーの歴史的形成過程を考察すると、機能分割の流れが読み取れる。つまり、権限分散化と専門職的性格である。元来、購買と販売は同一人物が行い売れ行き状況が購買に反映していた。しかし販売時点のセルフサービス化と総合小売商業として取り扱い品目の増大にともない、バイヤー業務が独立した形態を有することになる。販売面を担当するスーパーバイザーと購買面を担当するバイヤーに2分割されていく。その後,バイヤー業務が煩雑になり、本来持っていた商品開発の役割が失われるにしたがって、通常の再購買、修正購買と新規購買の業務を分割し前二者を担当する、ディストリビューターと後者を担当するバイヤーとの3分割制度へ移行している企業が見られる。また企業間での戦略の違いが組織形態を変化させている。現状小売業は以下の2つのタイプに別れると想定される。まずイトーヨーカ堂(IY型)がとる購買戦略は、新規商品開発・発掘戦略であり、これに対応して上記のような3分割の機能分割型的組織を採用している。これに対してダイエーなどほとんどの小売企業が採用している購買部門がほとんどの関連機能を包括するタイプで、総合的組織がある。購買に関する戦略、規模、権限、機能と組織に関して比較考察し、類型化を行った購買戦略では、イトーヨーカ堂は、消費者のニーズを重視し、高品質商品をバイイングする点に戦略を資源を傾注している。つまり新規商品を探索する...
  • 購買部門での戦略性と企業間提携の規定要因分析における日英比較研究
    文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)),   1999年 - 2001年, 伊藤 一, 初年度と第2年度においてお互いの国別のバイヤーの行動基準について意見の交流を行った。特に海外調査研究協力者であるGary Daviesら支援をえて日本の調査の解析と結果の報告を第3年度に行った。議論は単に小売バイヤーの行動基準についてのみの議論から西洋的と東洋的経営方針の違いなどにも言及された。日本の独自の商業活動として流通システムに代表される取引慣行などが上げられる。流通システムにおける比較研究の結果はGaly・伊藤の共同論文にて公表された。さらに小売バイヤーの比較調査の結果については、英国の調査票により英国と豪国の調査で適切に尺度、態度などが測定されてきた。研究の目的はバイヤーが商品を選択する際利用する要素を解明することにある。上記の経済的尺度とバイヤー属性の尺度だけでなくバイヤーの態度や先行変数も分析モデルに組み込み、同時に成果変数への関連と上記3要素間の関連についてStructure Equation Mbdelを利用して解析した。また既に行った英豪のデータを利用して新たに加える日本のデータとの比較を行う。これにより日本型と西洋型の小売バイヤーの意思決定の違いを考察した。ほぼ共通の調査票を利用して日本のデータを収集し調査票の質問項目の問題点を上述したがこの点を考慮に入れてできる限り共通の質問表を作成した。結果、日本のモデルでは経済的尺度としては価格が強く影響していた。...
  • 高集中化流通経路でのトレード・マーケティング戦略の日英比較研究
    文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)),   1997年 - 1998年, 伊藤 一, 昨年度のパイロット調査の結果を踏まえ、調査票を策定し、大手小売企業の中でもGMS(一部CVS)を中心に調査索を送付し、主に食料品担当のバイヤーに対して本調査を実施した。分析結果として商品政策に関して、地域需要優先的分権的購買体制、属人的購買基準が特徴としてみられた。さらに、複雑な商取引慣行のもとでの取引業務にバイヤーが忙殺され商品開発など本来のバイイング業務が遂行できない現状が明確となった。つまりバイヤーの新商品開発関連の業務と取引交渉業務への時間・人員配分を調査し、新規製品開発型購買政策か取引条件優位により仕入価格削減の購買政策かに分類できた,新規商品開発型購買政策とはIYの購買政策が代表的で、売れる商品を探索することにバイヤー業務を多くを傾注させている。これに対して取引条件優先型購買とは、IY以外の大手小売業者がおこなっており、バイヤーが商品開発ではなく取引条件を有利にすることに傾注している。したがって、“仕入条件"“物流"“店頭プロモーション"に関する事項の業務時間を費やしている。したがって、後者の購買形態では、商品選別は外部(卸・メーカー)に依存する傾向が発生し、利用する情報の種類も店舗情報の低い利用度がみられた。組織的構造について機能分散型購買形態と機能単一型購買形態に分類。以上の研究結果から、次の仮説が新たに注目される。「単独型購買では保守的な購買形態となり、外部...
  • 商取引慣行の効果と実態
    文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A)), 伊藤 一
  • 飲食料品卸における協業化の傾向
    文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A)), 伊藤 一

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 商科特論, 小樽商科大学
  • 流通システム論, 小樽商科大学

その他

所属部局ホームページ

researchmap