研究者データベース

鈴木 将史 (スズキ マサフミ)

学長・副学長等 理事・副学長
Last Updated :2020/10/23

研究者情報

所属

  • 学長・副学長等
  • 言語センター

職名

  • 理事・副学長
  • 教授

学位

  • 文学修士(北海道大学)

J-Global ID

研究キーワード

  • ゲルハルト・ハウプトマン ドイツ祝典劇 ドイツ国民記念碑   ドイツ文学   Gerhart Hauptmann German Festival Play German National Monument   

研究分野

  • 人文・社会 / ヨーロッパ文学

経歴

  • 2002年10月 - 現在  小樽商科大学言語センター教授Center for Language Studies
  • 1991年10月  小樽商科大学言語センター助教授Center for Language Studies
  • 1991年04月  小樽商科大学商学部講師Faculty of Commerce
  • 1989年 - 1991年  広島大学文学部 助手School of Letters
  • 1989年 - 1991年  Hiroshima University, Research Assistant

学歴

  •         - 1989年   北海道大学   文学研究科   独文学
  •         - 1989年   北海道大学   Graduate School, Division of Letters
  •         - 1981年   北海道大学   文学部   文学科独語独文学専攻
  •         - 1981年   北海道大学   Faculty of Literature

所属学協会

  • 日本独文学会   北海道ドイツ文学会   広島ドイツ文学会   北海道ドイツ語学・文学研究会   中国・四国独文学会   Japanische Gesellschaft fuer Germanistik   Hokkaido Gesellschaft fuer Germanistik   

研究活動情報

書籍

  • ロベルト・シュナイダー『眠りの兄弟』
    三修社 2001年
  • ゲルハルトポール『私はまだ家にいるのか。ゲルハルトハウプトマンの最期』
    鳥影社 1999年

講演・口頭発表等

  • 「ドイツ近代国民記念碑について(2)」
    北海道ドイツ文学会 2008年
  • Über das moderne deutsche Nationaldenkmal (2)
    北海道ドイツ文学会 2008年
  • ドイツ近代国民記念碑について−フリードリヒ大王記念像からヘルマン記念像まで−
    北海道ドイツ文学会第 61 回研究発表会 2005年12月
  • ベルリン総合教養紙『フォス新聞』の系譜
    北海道ドイツ文学会第 50 回研究発表会 1999年12月
  • 「ドイツ文学における『 重婚』の モティーフ −G−ハウプトマン" Der Schuss im Park" を中心に−
    北海道ドイツ文学会第 35 回研究発表会 1992年07月
  • ドイツ世紀転換期文学に現れる『聖杯』のモチーフと Jugendbewegung
    日本独文学会 1990 年度秋季研究発表会 1990年10月
  • ドイツ文学の『日の出前』− ゲルハルト −ハウプトマン受容前史
    広島独文学会第 46 回研究発表会 1990年02月
  • G.ハウプトマンの『エルガ』における能動的エロスについて
    北海道ドイツ文学会第 21 回研究発表会 1985年07月

MISC

共同研究・競争的資金等の研究課題

委員歴

  • 日本独文学会   理事   日本独文学会
  • 北海道ドイツ文学会   幹事   北海道ドイツ文学会
  • 広島ドイツ文学会   一般会員   広島ドイツ文学会
  • 中国・四国独文学会   一般会員   中国・四国独文学会

担当経験のある科目

  • 外国語コミュニケーション小樽商科大学
  • ドイツ語Ⅰ・Ⅱ小樽商科大学

その他のリンク

所属部局ホームページ

researchmap