詳細検索はこちら

森谷 亮太モリヤ リョウタ

所属部署名
グローカル教育部門(CGS)
職名講師メールアドレス
生年月日ホームページURL
電話番号(代表)0134-27-5206
メッセージ
Last Updated :2020/07/02

研究者基本情報

基本情報

    科研費研究者番号:30881445

学歴

  • 2014年04月 - 2020年03月, 宇都宮大学, 大学院国際学研究科
  • 2011年04月 - 2014年03月, 宇都宮大学, 大学院国際学研究科
  • 2011年09月 - 2012年08月, Regina Flying Club
  • 2006年04月 - 2011年03月, 都留文科大学, 文学部

学位

  • 博士(国際学)(宇都宮大学)

所属学協会

  • 日本学校保健学会
  • American Educational Research Association
  • The Japan Association for Language Teaching
  • 日本教育社会学会
  • 日本比較文化学会
  • 障害学会

経歴

  •   2020年04月,  - 現在, 小樽商科大学グローカル戦略推進センター, グローカル教育部門, 講師
  •   2018年04月,  - 2020年03月, 日本学術振興会, 特別研究員
  •   2019年,  - 2020年, 順天堂大学, 国際教養学部, 非常勤講師
  •   2016年,  - 2020年, 武蔵野大学, グローバル学部, 非常勤講師

研究活動情報

研究分野

  • 社会学, 障害学
  • 教育社会学, 教育障害学

研究キーワード

    色盲観, 学校色覚検査, 航空身体検査色覚基準, 言語教育におけるアクセシビリティ

論文

  • Color-blindness in transition: A Foucauldian genealogical discourse analysis of school color vision testing in Japan
    Moriya, R.,   2020年03月
  • Shifting toward social model: A discourse analysis of school color vision testing in Japan
    Moriya, R, AERA 2018 Annual Meeting (Proceedings), AERA 2018 Annual Meeting (Proceedings),   2018年04月
  • Raising awareness of language learners with color vision disabilities
    Moriya, R., Focus on the learner, Focus on the learner, 161 - 168,   2016年08月, 査読有り
  • A comparative culture study of color vision requirements for aviators: Japanese "disablism" or Canadian "ableism" for safety?
    Moriya.R., Studies in Comparative Culture, Studies in Comparative Culture, (119) 275 - 287,   2015年12月, 査読有り
  • Raising awareness of learners with special needs as part of global education
    Moriya, R., Global Issues in Language Education Newsletter, Global Issues in Language Education Newsletter, (96) 12 - 13,   2015年07月, 査読有り
  • A comparative culture study of colour vision requirements for aviators: `Colourblindness` as Canadian diversity or Japanese taboo?
    Moriya, R.,   2014年03月

MISC

  • 「色覚異常」について、障害学やポストコロニアリズムの知見から研究しています
    森谷亮太, 障害者欠格条項をなくす会ニュースレター#68, 8,   2016年11月

書籍等出版物

講演・口頭発表等

  • Redefining accessibility in language learning
    Moriya, R., Reimann, A., Sato, R., JALT PanSIG,   2020年06月20日
  • Improving accessibility: Developing learner agency
    Moriya,R., Reimann, A., Moriya, S., Sato, R., JALT,   2019年11月
  • Accommodating lifelong learning
    Dias, J., Shrosbree, M., Robertson, C., Reimann, A., Moriya, R., JALT,   2019年11月
  • Tales of accessibility in language learning
    Moriya, R., Reimann, A., Sato, R., Shek-Noble, L., JALT PanSIG,   2019年05月
  • 色盲の医学モデル:強制的学校色覚検査の言説分析
    森谷亮太, 日本学校保健学会,   2018年12月
  • Embracing learner diversity: Expanding inclusion
    Moriya, R., Reimann, A., Sato, R., Moriya, S., JALT,   2018年11月
  • Transforming impairment into accessibility
    Moriya, R., JALT,   2018年11月
  • Working towards accessibility in language learning
    Moriya, R., Reimann, A., Sato, R., JALT PanSIG,   2018年05月
  • Shifting toward social model: A discourse analysis of school color vision testing in Japan
    Moriya, R., AERA Annual Meeting,   2018年04月
  • Adapting diversity: Shaping accessible classrooms
    Moriya, R., Reimann, A., Morrison, B., Sato, R., JALT,   2017年11月
  • Seeing the unseen: Reshaping learner accessibility
    Moriya, R., JALT,   2017年11月
  • Expanding diversity: Enlarging accessibility
    Moriya, R., JALT PanSIG,   2017年05月
  • Shifting towards accessible classrooms
    Moriya, R., Reimann, A., Moriya, S., Morrison, B., JALT,   2016年11月
  • Transforming classroom into accessible environment
    Moriya, R., JALT,   2016年11月
  • 航空身体検査色覚基準の比較文化研究:日本とカナダを事例として
    森谷亮太, 障害学会,   2015年11月
  • Raising awareness of learners with special needs
    Moriya, R., JALT,   2015年11月
  • Raising awareness of minority learners
    Moriya, R., Reimann, A., Tanaka, S., Haseyama, K., JALT,   2015年11月
  • Tales from the learner-centered classroom
    Reimann, A., Strong, G., MacLaughlin, R., O'Dowd, G., Graham-Marr, A., Moriya, R., JALT,   2015年11月

競争的資金

  • 日本における色盲観の歴史的変遷に関する言説分析
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 特別研究員奨励費,   2018年04月25日 - 2020年03月31日, 本研究の目的は、2003年の学校色覚検査廃止の前後で色盲観がどのように構築され、また変容したかを明らかにすることで、日本社会と「色盲」に関する新たな知見を得ることである。 本年度明らかになった視点は、主に以下の4点である。①1920年の学校色覚検査の導入に至る過程は、それまでの時期に学校健康診断制度において醸成された「公益的健康観」、および「疾病不在=健康観」を土台に、学生の色覚異常という特定の身体的特徴に注視する視線が構築されてきた時期であった。②1921年以降の学校色覚検査が制度的に規定された時期(強制的学校色覚検査期)では、石原式学校色覚検査表の利用や集団検診方法により、色覚異常が規格化された時期だった。具体的には、フーコーの生権力概念を援用し、この時期の制度的学校色覚検査は、「監視する階層秩序」を形成し、石原表と教師・クラスメートの視線が「規格化する制裁」を加えることで、「規格化の視線」が構築されていた。③戦後、学校保健法が施行されてからは、上記②の「規格化の視線」が、色覚異常当事者に主体化され、色覚異常当事者のライフストーリーで繰り返し語れてきた、「トラウマ体験としての学校色覚検査」という学校色覚検査観が構築されてきた。④2003年以降の学校色覚検査廃止期(選択的学校色覚検査期)では、上記③の主体化された「色覚異常を規格化する視線」が解体され、これまでと異なる「戦略」としての色盲観が構築されつつある。 これまで学校色覚検査に着目して色盲観の構築と変遷を明らかにした研究はなく、これらの視点は障害学や教育社会学において、色盲観の理解に新たな視点を提起するものである。特に、2003年以降の当事者の語りは、研究データの欠落を埋め、今後の色覚問題研究、及び障害学理論研究の発展の足掛かりとなる意義がある。以上の研究成果を、本年度は4つの国内学会報告と1つの国外学会報告で発表した。

その他

  •   2017年10月, これまで/いま:問題関心と研究の概略, 本色覚差別撤廃の会定例役員会ミニ報告会。報告内容は、日本色覚差別撤廃の会・会報(CMS Letter) No.54 2017年11月pp.8-9に掲載。
  •   2015年06月, English as enabler, International Communication Seminar(宇都宮大学国際学部)での特別講義
  •   2014年12月, A short introduction of Canada, 佐野高校におけるカナダ研修事前授業(担当:Andrew Reimann)でのプレゼンテーション
  •   2014年06月, How I became a pilot with a disability in Canada, International Communication Seminar(宇都宮大学国際学部)での特別講義
  •   2013年12月, My culture shock in Canada, 佐野高校におけるカナダ研修事前授業(担当:Andrew Reimann)でのプレゼンテーション
  •   2013年06月, How I became a colorblind pilot in Canada, International Communication Seminar(宇都宮大学国際学部)での特別講義

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 英語ID, 小樽商科大学
  • English for Global Citizenship, 順天堂大学
  • English for Qualifications 3, 武蔵野大学
  • Listening & Reading 3, 武蔵野大学
  • 英語3, 武蔵野大学
  • 英語 2, 武蔵野大学
  • 英語1, 武蔵野大学

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • 陸前高田を考える会, 企画,   2015年 - 現在
  • 下野新聞塾「Let’s 英語で新聞を読もう」, 講師, 下野新聞社, NEWS CAFÉ,   2013年03月 - 2013年04月