詳細検索はこちら

佐々木 香織ササキ カオリ

所属部署名
言語センター
職名准教授メールアドレス
生年月日ホームページURL
電話番号(代表)0134-27-5206
メッセージ
Last Updated :2017/11/18

研究者基本情報

基本情報

    プロフィール:<概要>
    日本の指導教官の口車?に乗り、英国において大学院生(MA,PhD号取得)からImperial College/Wellcome TrustにてResearch Associateとして勤務するまで10年強ほど格闘しました。数年前に帰国し、北の大地でアカデミアと社会の双方に貢献できる人物になるべく精進に努めてます。

    研究方針としては≪グローカルをめぐる冒険≫と題し、globalでlocalな医療にまつわる問題を、社会学と科学技術社会論の方法論を中心としつつも、表象文化論や社会思想史や社会哲学の視座も取り入れながら探究します。
    教育方針としては、竹のように、細くてしなやかで強く生きていける教養と言語運用能力(英語と日本語)のある学生を育てる野望アリ。 具体的には、従来型の講義だけではなく、主体的な学びにも力を入れ、学生との対話と学生の発言への傾聴を組み合わせ、学生が自ら「ユリイカ!」という気づきができるように努めています。

    ―閑話休題― 英国(特にロンドン)は人と資本を方々より呼び寄せるため、土着の問題とグローバル化の問題が集積する、globalでlocalの最先端に位置するような場でした。私自身は≪グローカル≫という視点の重要性を皮膚感覚で味わったと自負しています。

    <具体的なあゆみ>
    慶應義塾大学時代
    故吉田民人教授から指導を仰ぎ、社会学に魅了される。社会学理論(主にフランス系)に夢中となり、近代とオリエンタリズムにも関心を寄せる

    修士課程 
    Prof John Urry, Prof Scott Rush 等より、エキサイティングな社会学理論と議論を学ぶ。
    *修士論文 ― Dr Celia Luryを指導教官とし、イスラム圏と日本における近代化・西欧化に伴う国家による女性の身体・性の管理の発展の比較文化史・系譜学を探究。

    博士過程 
    Prof Sarah Franklin, Prof John Law, Dr Celia Robertsを指導教官とし、先端医療の受容と社会に関する研究に邁進。その際、表象権力ともいうべき、グローバル化に内包するポストコロニアルな力学関係なども視野に。尚、日本の唄考一教授にも、日本の法医学方面の文献・歴史の薫陶を私的に受ける。
    *博士論文 ― 脳死体の管理から臓器移植に至る医療行為に関して ―法学・医学・生命倫理的・市民活動的、政治的論争と法学・医学の実践行為と通じて― 法学的な合意、実践的医療プロトコル、市民向けキャッチフレーズ(命のリレー)が形成されていく過程について追究。

    リサーチ・アソシエイト@英国
    カルテの電子化に伴うITの社会福祉政策への利用と市民社会の関係性を探究。特に市民参加型コミュニケーションによる民意の合意形成、米国型の生命倫理の功罪、警察・福祉国家の発展の功罪に着目。研究成果(学会や論文)発表アリ。

    帰国後―現在@北海道
    まず教育活動に心血を注ぐ。次に医療と技術の社会的関係性に関して、生権力と表象権力、更にネットワークという観点から追究を開始。特に①日本の医療情報の電子化をめぐる問題、②ヒトの肉体的組織の交換経済をめぐる問題、③ニセコ・倶知安地区の移民と外国人観光客の医療・健康問題、に対してグローカルに考察する研究を始動!学会発表をしつつ、研究ノートや論文執筆や翻訳などにもいそしむ日々。

学歴

  • 博士号 (社会学)

所属学協会

  • 日本保健医療社会学会
  • 日本医療情報学会
  • 日本生命倫理学会
  • 科学技術社会論学会
  • European Association for the Study of Science and Technology
  • Society for Social Studies of Science
  • British Sociological Association

委員歴

  •   2015年04月 - 2017年03月, 日本科学技術社会学会, 第15回年次大会実行員

研究活動情報

研究分野

  • 生命・健康・医療情報学
  • 医療社会学
  • 社会学
  • 科学社会学・科学技術史

研究キーワード

    ポストコロニアル, 地域医療, 臓器移植, 表象文化論, 異文化コミュニケーション, 科学技術社会論, カルチュラル・スタディーズ, 科学コミュニケーション, 比較文化, 日本文化論, 生命倫理学

論文

  • 生命倫理批判としてのSF―生命倫理・医療規範へのSFモチーフ応用 ―原題―Science Fictional Conception as a Critique of Bioethics – Inscription of the Sci-Fi Motifs in New Bioethical Protocol and Cultural Formation on Medicine in Japan
    佐々木香織, East Asian STS, 予定,   2018年, 査読有り, 招待有り
  • 日英米における公益と市民社会の比較研究-医療   カルテの電子化事例から-
    佐々木香織, 苫小牧駒澤大学紀要, 29, 51 - 90,   2014年12月
  • カルテの電子化と市民の権利に関する調査 -原題-Survey of Patient and Public Perceptions of Electronic Health Records for Healthcare, Policy and Research: Study Protocol
    佐々木香織, BMC Medical Informatics and Decision Making, 12, (40) ,   2012年05月, 査読有り
  • 命のリレー: 臓器移植の普及に寄せて -原題-Popularising Organ Transplantation in Japan:Travelling Iceboxes as ‘the Relay of Life’
    佐々木香織, Science as Culture, 17, (3) 293 - 316,   2008年09月, 査読有り
  • 文化政治と脳死・臓器移植の系譜学 -原題-Politicised Culture, Culturalised Life and Death: The Japanese Organ Transplantation and Brain Death Debates―
    佐々木香織, PhD Thesis, Lancaster University,   2006年10月, 査読有り
  • 生命倫理と東西文化圏を超えて-原題-Beyond the Conventional Dichotomy/Dualism: Occidental Value and Oriental Value
    佐々木香織, Eubios Journal of Asian and International Bioethics,, 9, (3) 74 - 76,   1999年05月, 招待有り
  • イスラム圏と日本における視線と身体の政治学 -原題-The Power of Gaze upon Muslim and Japanese Women―The Consequences of Orientalism in the Post-Colonial Period
    佐々木香織, MA Dissertation, Lancaster University, 査読有り

MISC

  • 搾取; 制度化・脱制度化 (翻訳)
    佐々木香織, 新版・生命倫理百科事典,   2018年
  • 第15回年次研究大会における実行委員会企画ワークショップ「STSにおけるアクションリサーチを考える」の報告
    三上直之,吉田省子,蔵田伸雄,早岡英介,永田素彦,八木絵香,植木哲也,川本思心,佐々木香織, 科学技術社会論研究, 予定,   2018年, 査読有り
  • 医療機器と医学にまつわるSTS研究、そして日本を事例とするSTS研究の可能性―ワークショップ’HUMANS & MACHINES IN MEDICAL CONTEXTS: CASE STUDIES FROM JAPAN’の試み
    佐々木香織、スーザン ブラケシュ, 科学技術社会論研究, 予定,   2018年, 査読有り
  • 書評 稲葉振一郎著「不平等との闘い-ルソーからピケティまで」6/19掲載 
    佐々木香織, 産経新聞,   2016年06月
  • 書評 佐藤雅浩著 「精神疾患言説の歴史社会学」-原題-Book Review - Author Masahiro Sato (A Historical and Sociological Analysis of the Discursive Practice of Mental Illness: Why Did a Particular “Mental Sickness” Become Prevalent in a Certain Period?)
    佐々木香織, East Asian Science, Technology, and Society, 9, (4) 419 - 423,   2015年
  • 書評 サラ・フランクリン著 バイオロジカル・レラティブ-原題- Book Review - Sarah B. Franklin, Biological Relatives: IVF, Stem Cells, and the Future of Kinship
    佐々木香織, Medical History, 58, (3) 461 - 463,   2014年07月
  • カルテの電子化と市民-原題- Hope or fear? How my voice could be represented in the usage of electronic patients’ records in the UK – beyond the bioethical row over the informed or presumed consent model
    佐々木香織, Applied Ethics Ethics in an Era of Emerging Technologies,   2014年, 査読有り

書籍等出版物

  • Applied Ethics Ethics in an Era of Emerging Technologies
    佐々木香織, 共著, Hope or Fear? How the Public Voice on the Usage of Electronic Patients’ Records in the UK Could Be Represented: Beyond the Bioethical Row over the Informed or Presumed Consent Model, Center for Applied Ethics and Philosophy,   2014年
  • 日米医療保障比較モノグラフシリーズ
    佐々木香織, 分担執筆, 医療における「看取り」という「文化」価値の 形成:看取りの医療化と日米差異 , スモールワールド学術文庫,   2006年07月

講演・口頭発表等

  • 医療情報データの集積とその利用―未来像と理想像をめぐって
    佐々木香織, 第十六回科学技術社会論学会年次研究大会,   2017年11月26日
  • Medical record clerks and electronic patient records: Their impact on clinical practices and perceptions in hospitals in Japan(翻訳)ー電子カルテ普及に伴うカルテ入力代行の進展の影響
    佐々木香織, Humans & Machines in Medical Contexts: Case Studies from Japan(翻訳)ー医療現場・文脈における人間と機械,   2017年03月31日, 招待有り
  • グローバル化の文脈から日本の医療を考える
    佐々木香織, 平成28年度 経済産業省 産学連携サービス経営人材育成事業―地域包括ケアシステムの中核を担う医療経営人材育成事業 地域医療マネジメントコース[ミドル],   2016年12月08日
  • フィクションとファクトのあわいー日本の医師患者関係・生命倫理モデルの形成ー(故金森修教授に捧ぐ)
    佐々木香織, 第十五回科学技術社会論学会年次研究大会,   2016年11月06日
  • Hope or fear? How my voice could be represented – public understanding of nationwide electronic patients
    佐々木香織, VXIII World Congress of Sociology,   2014年07月15日
  • 医療データ集積に関する日英米比較研究~It技術利用の倫理・法的な問題とデータ利用に関する市民参加型コミュニケーション
    佐々木香織, 科学技術論社会論学会第12回年次研究大会,   2013年11月17日
  • Ethical and Sociological Consideration of the Emergence of Nationwide Electronic Patients' Records
    佐々木香織, 第8回応用倫理学国際会議-最先端技術と応用倫理,   2013年11月03日
  • Electronic Health Records for Healthcare Improvement and Research: Understanding the Hopes and Concerns of Patients and the Public
    佐々木香織, ScottisH Informatics Programme Biennial Conference,   2011年09月09日
  • Is E-health our hope for the future? -Public understanding of the development of electronic medical records in the UK
    佐々木香織, British Sociological Association Medical Sociology Group Annual Conference,   2010年09月02日
  • Cultural projection of medicine: medical dramas and public understanding of, and expectation for, medicine in Japan
    佐々木香織, Fourth Annual Science and the Public Conference,   2009年06月13日
  • Unanticipated consequences of constructing the “scientific” definition of death: a case study of “acting with” policy makers and the public understanding of medicine in Japan
    佐々木香織, Annual Meeting of the Society for Social Studies of Science and the European Association for the Study of Science and Technology for Society,   2008年08月23日
  • Culturalised nature, naturalised technology, and technologised bodies: Popular representation of (human) body parts
    佐々木香織, Biennial Conference of the European Association for the Study of Science and Technology,   2006年08月27日
  • Making scientific truth, the definition of death and cultural identity through public debates on brain death in Japan
    佐々木香織, Annual Meeting of the Society for Social Studies of Science and the European Association for the Study of Science and Technology for Society,   2004年08月27日
  • Understanding iceboxes: Gift of Life, Spare Parts, and a Relay of Life: Perceptions of Organ Transplantation in Japan contrasted with those of Anglo- Americans
    佐々木香織, Annual Meeting of the Society for Social Studies of Science,   2002年11月09日
  • Genealogy of the Notion of Differences in Japanese Medical Practices of Organ Transplantation in the light of the influence of ‘Post-Colonialism’ and ‘(Internal)-Orientalism’
    佐々木香織, Annual Meeting of the Society for Social Studies of Science,   2002年11月08日
  • Genealogy of the notion of difference in Japanese medical practices of organ transplantation
    佐々木香織, British Sociological Association Medical Sociology Group Annual Conference,   2002年09月29日
  • Cultural politics through the process of the development of bioethics and medical sociology/anthropology: Issues of collective oriental identities
    佐々木香織, Annual Conference by the British Sociological Association,   2001年

その他

  •   2017年11月, Challenges of Illness Narratives , 11月23日、立命館大学にて開催の国際ワークショップ Challenges of Illness Narrativesにおいて、Challenges of Illness Narrativesの円卓会議をファシリテーター・議長としてコーディネート.
  •   2017年03月, Human and Machine in Medical Contexts: case studies from Japan, ドイツ日本研究所における国際ワークショップを「共同主催者」としてコーディネート。学際的に医療技術と社会と人間の関係を探究する研究者の対話を促進を目指す。 In order to explore the issues arising from the clinical practices vis-à-vis applications of the (then new) medical devices”, the workshop casts light on their various aspects. The participants will address features regarding the historical, legal, socio-structural, engineering and bioethical conditions and consequences of the interplay between humans and medical technologies or instruments, respectively health care practices in contemporary Japan. Moreover, the participants will reflect on the different theoretical and methodological approaches that enables us to study human-technology interplay and discuss transdisciplinary approaches by using case studies from their own respective disciplines to illustrate the manifold facets of the field. We hence suggest this as a starting point to encourage scholarly exchange and joint research on this field.

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 社会学, 北海学園大学, 苫小牧駒澤大学, 苫小牧看護専門学校
  • 比較文化, 小樽商科大学
  • 理論社会学, 苫小牧駒沢大学
  • 英語(読解、作文、コミュニケーション、上級英語), 苫小牧駒澤大学, 小樽商科大学
  • 学術英語, 小樽商科大学 大学院
  • 異文化交流論, 苫小牧駒澤大学
  • 異文化コミュニケーション, 苫小牧駒澤大学, 小樽商科大学 大学院
  • 日本語, 苫小牧駒澤大学
  • 日本社会・文化, 苫小牧駒沢大学
  • アメリカ論1, 2 , 苫小牧駒沢大学

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • 米田佐代子(らいてうの家館長)さんを囲んでの談話会, コメンテーター, 苫小牧市立図書館,   2017年10月15日
  • 平成29年度 文部科学省「地(知)の拠点整備事業」 地域志向教育プロジェクト -Lost in Translation? 倶知安・ニセコにおける増加する定住外国人と外国人観光客に対する「医療サーヴィス」の課題とその克服 ― 外国人患者のための「手引き」や共通「問診票」(日本語・英語)作成を含めた解決策提案も視野に入れて -, インタビュアー,助言・指導,企画,運営参加・支援,   2017年06月30日 - 2018年03月31日
  • 講義・討論 グローバル化の文脈から日本の医療を考える, 講師,助言・指導, 小樽商科大学, CBC産学連携 医療人材育成事業,   2016年09月01日 - 2017年03月31日
  • 書評 不平等との闘い ルソーからピケティまで, 寄稿, 産経新聞, 産経新聞,   2016年06月19日

その他

所属部局ホームページ

researchmap