詳細検索はこちら

三ツ木 真実ミツギ マコト

所属部署名
言語センター
職名准教授メールアドレス
生年月日ホームページURLhttps://www.otaru-uc.ac.jp/
電話番号(代表)0134-27-5206
メッセージ
Last Updated :2019/12/18

研究者基本情報

基本情報

    科研費研究者番号:80782458

学歴

  • 2011年04月 - 2018年03月, 北海道大学大学院, 国際広報メディア・観光学院 博士後期課程
  • 2009年04月 - 2011年03月, 北海道大学大学院, 国際広報メディア・観光学院 博士前期課程

学位

  • 博士(国際広報メディア)(北海道大学)
  • 修士(学術)(北海道大学)

所属学協会

  • 日本質的心理学会
  • 映像メディア英語教育学会
  • e-learning教育学会
  • 環太平洋応用言語学会
  • 北海道英語教育学会(HELES)
  • 全国英語教育学会(JASELE)
  • 大学英語教育学会(JACET)

委員歴

  •   2019年04月 - 現在, 全国英語教育学会(JASELE), 紀要査読委員
  •   2019年04月 - 現在, 全国英語教育学会(JASELE), 紀要編集委員会 委員
  •   2019年04月 - 現在, 大学英語教育学会(JACET) 北海道支部 , 支部書記
  •   2019年04月 - 現在, 北海道英語教育学会(HELES), 紀要編集委員長
  •   2019年04月 - 現在, 大学英語教育学会(JACET)北海道支部, 広報委員長
  •   2019年04月 - 現在, 映像メディア英語教育学会(ATEM), 運営委員
  •   2016年04月 - 現在, 大学英語教育学会(JACET) 北海道支部, 研究企画委員
  •   2018年04月 - 2019年03月, 北海道英語教育学会(HELES), 役員
  •   2012年04月 - 2019年03月, 大学英語教育学会(JACET) 北海道支部, 広報委員
  •   2016年04月 - 2017年03月, 恵庭市教育委員会, 恵庭市多文化共生のまちづくり委員会委員
  •   2016年04月 - 2016年08月, 大学英語教育学会(JACET), 国際大会実行委員

経歴

  •   2019年04月,  - 現在, 小樽商科大学, 言語センター, 准教授
  •   2011年04月,  - 現在, 北星学園大学 , 短期大学部, 非常勤講師
  •   2016年04月,  - 2019年03月, 北海道文教大学, 外国語学部, 専任講師
  •   2013年10月,  - 2016年03月, 札幌市立大学, デザイン学部・看護学部, 非常勤講師
  •   2012年04月,  - 2016年03月, 北海学園大学, 工学部, 非常勤講師
  •   2010年04月,  - 2016年03月, IAYインターナショナルアカデミー, 日本語教師養成講座, 非常勤講師
  •   2013年04月,  - 2013年08月, 札幌大谷大学, 社会学部, 非常勤講師
  •   2008年04月,  - 2009年03月, 北海道札幌啓北商業高等学校, 非常勤講師
  •   2008年04月,  - 2009年03月, 北海道札幌西陵高等学校, 非常勤講師
  •   2007年04月,  - 2008年03月, 枝幸町立枝幸南中学校, 教諭

研究活動情報

研究分野

  • 外国語教育, 英語教育学・第二言語習得

研究キーワード

    外国語教育, 英語教育, 動機づけ, 応用認知言語学, 応用言語学

論文

MISC

  • オンライン英会話を取り入れた授業実践と学習者の評価-多層言語環境に生きる英語話者とのコミュニケーション-
    三ツ木真実, 東アジア圏の複言語主義共同体の構築-多言語社会香港からの示唆-平成27年~平成29年度 科学研究費補助金 基盤研究(B) (一般) 研究成果報告書,   2018年
  • 認知言語学を応用した英語語彙学習に対する学習者の認識と学びのプロセス
    三ツ木真実, 科学研究費助成事業 研究活動スタート支援 研究課題/領域番号 16H07146 研究成果報告書,   2018年

講演・口頭発表等

  • 「なぜ」を考える英語教授法
    三ツ木真実, アクティブラーニングシンポジウム2019,   2019年12月
  • English Learning in a Multilayered Language Environment and Development of the L2 Motivational Self-System
    Makoto Mitsugi, 2019 Symposium: Multi-layered Language Society and Plurilingualism in Asia,   2019年11月
  • Designing curricula with a CLIL perspective: The power of multimedia
    Aiko Sano, Sarah Richmond, and Makoto Mitsugi, 第25回ATEM(映像メディア英語教育学会)全国大会,   2019年10月
  • 学習経験の語りに基づく学習動機変容プロセス可視化の試み
    三ツ木真実, 日本質的心理学会第16回大会 ポスター発表,   2019年09月
  • Designing curricula with a CLIL perspective: The power of multimedia
    Aiko Sano, Sarah Richmond, and Makoto Mitsugi, 映像メディア英語教育学会(ATEM)北海道支部研究会,   2019年09月
  • 英語学習における動機変容プロセスと変容をもたらす要因 ―PAC 分析と TEA による質的調査―
    三ツ木真実, 全国英語教育学会(JASELE) 第45回 弘前研究大会,   2019年08月
  • 英語学習における動機減退のプロセスとその要因 −PAC分析と複線径路・等至性アプローチ(TEA)による分析−
    三ツ木真実, JACET北海道支部 2019年度 支部大会,   2019年07月
  • 映画とコア・イメージで学ぶ英文法
    三ツ木真実, 第8回 映像メディア英語教育学会(ATEM) 北海道支部大会,   2019年06月
  • コアを通じて英文法の「どうして?」を考える英語教授法−映画『リメンバー・ミー (Coco)』を例として−
    三ツ木真実, 映像メディア英語教育学会(ATEM)北海道支部研究会,   2019年05月
  • 授業内における Google フォームの実践的使用について
    三ツ木 真実・Knoepfler Christopher・ 青木 千加子・藤井聡美・石塚 博規・Kibler Ronald・中村 香恵子・尾田 智彦
, 北海道英語教育学会(HELES) 第19回 研究大会,   2018年10月
  • 多層言語環境における学習がもたらす英語学習動機の変容
    三ツ木真実, 国際シンポジウム「多層言語環境における態度・行動・相互行為」,   2018年10月
  • 認知言語学に基づく多義語学習と学習者の認知パターン
    三ツ木真実, 全国英語教育学会(JASELE) 第44回 京都研究大会,   2018年08月
  • コミュニケーション能力の育成を意識したライティング活動の実践–中学校から大学まで応用可能な指導法の提案–
    中村香恵子・三ツ木真実・石塚博規・青木千加子・小野祥康, 全国英語教育学会(JASELE) 第44回 京都研究大会 授業研究フォーラム,   2018年08月
  • Challenging implicit gender bias using the Harvard Implicit Association Test and Disney's Brave
    Aiko Sano, Sarah Richmond, and Makoto Mitsugi, 映像メディア英語教育学会(ATEM)第7回 北海道支部大会,   2018年06月
  • Skypeを通じた海外講師との英語コミュニケーションと学習者の認識
    三ツ木真実, 映像メディア英語教育学会(ATEM)北海道支部研究会,   2018年05月
  • 多層言語環境に生きる英語話者とのコミュニケーション
    三ツ木真実, 東アジア圏の複言語主義共同体の構築-多言語社会香港からの示唆-平成27年~平成29年度 科学研究費補助金 基盤研究(B) (一般) 研究最終報告会,   2018年03月
  • 学習者から見た認知言語学的アプローチによる語彙学習
    三ツ木真実, 大学英語教育学会(JACET) 北海道支部 平成29年度 第1回 支部研究会,   2017年11月
  • e-learning SIG web サイトとその活用の紹介
    中村 香恵子・石塚 博規・Knoepfler Christopher・Kibler Ronald・竹内 典彦・ 青木 千加子・三ツ木 真実・尾田 智彦・佐野 愛子・志村 昭暢・山田 晃子 , 北海道英語教育学会(HELES) 第18回 研究大会,   2017年11月
  • 認知言語学的アプローチに基づく語彙学習と学習者の反応
    三ツ木真実, 全国英語教育学会(JASELE) 第43回 島根研究大会,   2017年08月
  • Diverse landscapes of language teaching in Asia: What language teachers can learn from each other
    Yasushi Kawai, Yoshiko Kobayashi, Aiko Sano, and Makoto Mitsugi, The 34th International Conference on English Teaching and Learning,   2017年05月, 招待有り
  • TED Talksを活用したアクティブ・ラーニング型授業の試み
    三ツ木真実, e-Learning 教育学会 第15回 沖縄研究大会,   2017年03月
  • 様々なe-learningの実践例の紹介
    志村 昭暢・Knoepfler Christopher・Kibler Ronald・石塚 博規・竹内 典彦・三ツ木 真実・佐野 愛子, 大学英語教育学会(JACET) 北海道支部 平成28年度 第3回 支部研究会,   2017年03月
  • Tips for increasing active learning in class through the use of TED talks
    Sarah Richmond, Makoto Mitsugi, and Aiko Sano, 大学英語教育学会 北海道支部(JACET) 平成28年度 第2回 支部研究会,   2016年11月
  • アクティブ・ラーニングにつながる反転授業の可能性:TED Talksを活用した授業の試み
    尾田智彦・青木千加子・石塚博規・小林良平・佐野愛子・志村昭暢・竹内典彦・中村香恵子・三ツ木真実・山田晃子・Knoepfler Christpher・Kibler Ronald, 北海道英語教育学会(HELES) 第17回 研究大会,   2016年10月
  • Learning Experiences and their Values Created by Distance Learning: A Qualitative Analysis of Chinese Language Learning through Cross Cultural Exchange
    Satoko Sugie, Makoto Mitsugi, The 9th International Conference and Workshops on Technology and Chinese Language Teaching in the 21st Century (TCLT9),   2016年05月
  • 遠隔交流が創る異文化体験とその価値:質的分析によるアプローチ
    杉江聡子・三ツ木真実, e-Learning 教育学会 第14回 金沢研究大会,   2016年03月
  • Hong Kong and Hokkaido online language exchange program
    Yasushi Kawai, Makoto Mitsugi, 国際シンポジウム 「アジアの言語コミュニケー ションを考える―多層言語社会香港からの示唆」,   2016年03月
  • 言語記録の質的データ分析に着手する:SCAT(Steps for Coding and Theorization)によるアプローチ
    三ツ木真実, 日本コミュニケーション学会北海道支部 第24回支部研究大会,   2015年11月
  • 異なる環境における小学校教師の言語教師としての特徴:半構造化面接と集団討議を通して
    中村香恵子・三ツ木真実・志村昭暢, 全国英語教育学会(JASELE) 第41回 熊本研究大会,   2015年08月
  • PAC 分析を利⽤した英語教師役割観ビリーフの可視化
    河合靖・佐野愛子・中村香恵子・三ツ木真実, 大学英語教育学会(JACET) 北海道支部 平成26年度 第3回支部研究会,   2015年03月
  • コア・ミーニングによる多義語の学習と指導における有効性
    三ツ木真実, 北海道英語教育学会(HELES) 第15 回 研究大会,   2014年10月
  • Cross-Cultural Distance Learning with Blended Learning Model in a Foreign Language Class: Using Mix Methods to Analyze Learning Outcomes and Learners' Experiences
    Satoko Sugie, Makoto Mitsugi, The 19th Conference of Pan-Pacific Association of Applied Linguistics,   2014年08月
  • 日本人英語学習者におけるメタファーを用いる語彙学習能力に関する研究
    三ツ木真実, 全国英語教育学会(JASELE) 第40回 徳島研究大会,   2014年08月
  • 日本人英語学習者における多義語に関する語彙知識の測定
    三ツ木真実, 大学英語教育学会(JACET) 北海道支部 第27回 北海道支部大会,   2014年07月
  • 多義語に特化したメタフォリカル・コンピテンスの測定について
    三ツ木真実, 全国英語教育学会(JASELE) 第39回 北海道研究大会,   2013年08月
  • 認知言語学的アプローチによる多義語理解とその課題
    三ツ木真実, 北海道大学 第6回コミュニケーション研究会,   2012年12月
  • Toward a self-based understanding of willingness to communicate among Japanese learners of English
    Sugawara, K., Kawai, Y., Nakamura, K., Sano, A., Shimura, A., Yokoyama, Y., & Mitsugi, M, 北海道英語教育学会(HELES) 第13回研究大会,   2012年10月
  • 英語語彙の学習と指導に関する提案:認知言語学的アプローチの導入
    三ツ木真実, 北海道大学 第4回コミュニケーション研究会,   2011年11月
  • The Proposal on English Vocabulary Learning and Instruction -Grasping the Structure of Polysemy with Cognitive Linguistic Approach
    Makoto Mitsugi, 北海道大学大学院メディア・コミュニケーション研究院 公開シンポジウム,   2011年11月
  • 比喩的拡張能力と語彙学習
    三ツ木真実, 北海道英語教育学会(HELES) 第12回 研究大会,   2011年10月
  • 認知言語学の知見を取り入れた英文法指導
    三ツ木真実, 大学英語教育学会(JACET) 北海道支部 第25回 北海道支部大会 シンポジウム,   2011年07月
  • コア・ミーニングが前置詞の選択に与える効果について―時を表すin, on, at, byに焦点を当てて―
    三ツ木真実, 大学英語教育学会(JACET) 北海道支部 平成22年度 第3回 支部研究会,   2010年12月

競争的資金

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • 「世界津波の日 2019 高校生サミット in 北海道」英語ファシリテーター 研修会, 講師, 北海道総合政策部政策局,   2019年08月
  • 映画で学ぶ英語講座, 講師, 美幌町教育委員会, 美幌町青年講座,   2019年02月
  • Team Building?―英語とマシュマロチャレンジで学ぶチームビルディング―, 講師, 北海道文教大学, 平成30年度 公開講座,   2018年09月
  • Wave your own flag! ~あなたの旗はどんな旗?~, 講師, 北海道文教大学, 平成29年度 公開講座,   2017年09月
  • 恵庭市多文化共生のまちづくり委員会(委員), 助言・指導,   2016年04月 - 2017年03月
  • Think Globally! グローバルに考える!-今日の世界はどんな世界?-, 講師, 北海道文教大学, 平成28年度 公開講座,   2016年08月