詳細検索はこちら

杉山 成スギヤマ シゲル

所属部署名
保健管理センター
一般教育等
職名教授メールアドレスsugiyamares.otaru-uc.ac.jp
生年月日ホームページURL
電話番号(代表)0134-27-5206
メッセージ
Last Updated :2017/10/06

研究者基本情報

学歴

  • 1987年04月 - 1991年03月, 立教大学, 文学部, 心理学科
  • 1991年04月 - 1993年03月, 立教大学大学院, 文学研究科博士前期課程, 心理学専攻
  • 1993年04月 - 1997年03月, 立教大学大学院, 文学研究科博士後期課程, 心理学専攻

学位

  • 博士(心理学)(立教大学)

所属学協会

  • 日本心理学会
  • 日本社会心理学会
  • 日本キャリア教育学会
  • 大学教育学会

経歴

  •   1997年04月,  - 2007年09月, 小樽商科大学, 商学部一般教育等, 助教授
  •   2007年10月,  - 2016年03月, 小樽商科大学, 商学部一般教育等, 教授
  •   2009年04月,  - 2010年03月, 小樽商科大学, 商学部一般教育等, 学科主任
  •   2014年04月,  - 2016年03月, 小樽商科大学, 保健管理センター, 所長
  •   2016年04月,  - 現在, 小樽商科大学, 保健管理センター, 教授
  •   2016年04月,  - 現在, 小樽商科大学, 保健管理センター特別修学支援室, 室長

研究活動情報

研究分野

  • 特別支援教育
  • 教育心理学

研究キーワード

    障がい学生支援, 時間的展望, キャリア発達

論文

  • 時間的展望に関する社会心理学的研究
    杉山 成, 立教大学大学院文学研究科修士論文,   1993年03月, 査読有り
  • 時間次元における諸自己像の関連と自我同一性レヴェル
    杉山 成, 教育心理学研究 , 42, (2) ,   1994年, 査読有り
  • 中学生における一般的統制感と時間的展望の関連性
    杉山 成, 教育心理学研究 , 42, (4) ,   1994年, 査読有り
  • 時間次元における諸自己像の関連からみた時間的展望
    杉山 成, 心理学研究 , 66, (4) 283 - 287,   1995年, 査読有り
  • 青年期における一般的統制感と時間的展望―アパシー傾向との関連―
    杉山 成・神田 信彦, 教育心理学研究 , 44, (4) ,   1996年, 査読有り
  • 時間的展望の構造と機能に関する心理学的研究
    杉山 成, 立教大学大学院文学研究科博士論文,   1997年03月, 査読有り
  • 高齢者の心理とサクセスフルエイジング
    杉山 成, 人文学と情報処理 , 37,   2001年, 査読有り

MISC

書籍等出版物

講演・口頭発表等

  • 現代学生の受講態度の分析(1):私語の実態について
    水口 禮治・加藤 啓・神田 信彦・杉山 成, 日本社会心理学会第32回大会,   1991年07月
  • あがり傾向者の性格特性
    水口 禮治・杉山 成・塚本 尚子・呉 剛, 日本性格心理学会第1回大会,   1992年12月
  • 未来に対する態度と目標対象の関連
    杉山 成, 日本心理学会第58回大会,   1994年10月
  • 目標意識の構造と性格特性
    杉山 成, 日本社会心理学会第38回大会,   1997年09月
  • ストレスとパーソナリティ
    杉山 成, 小樽商科大学市民公開講座,   1998年11月
  • 心理分析テストの活用について
    杉山 成, 第19回北海道地区保健管理業務職員研修会,   2003年08月
  • いいストレスと悪いストレス
    杉山 成, 小樽商科大学市民公開講座,   2003年11月
  • 医療場面の心理学:人間の認知とヒューマンエラー
    杉山 成, 日本口腔衛生学会北海道支部大会,   2004年01月
  • キャップ制の効果と問題点について
    杉山 成, 第54回東北・北海道地区大学一般教育研究会,   2004年11月
  • 学生対応に関するコミュニケーション・スキルの演習
    杉山 成, 日本学生支援機構・平成19年度北海道地区学生指導研修会,   2007年08月
  • 性格診断とストレスへの対処法
    杉山 成, 小樽商科大学・岩内公開講座,   2007年10月
  • 行動変容の心理学
    杉山 成, おたる健康総合大学(小樽市保健所),   2008年09月
  • ボランティアスキルアップ講座:コミュニケーションについて
    杉山 成, おたる健康総合大学(小樽市保健所),   2009年11月
  • こころのセルフチェック
    杉山 成, おたる健康総合大学(小樽市保健所),   2010年02月
  • こころのセルフケア
    杉山 成, おたる健康総合大学(小樽市保健所),   2011年02月
  • 幸せは測れるか
    杉山 成, 北海道新聞/道新ぶんぶんくらぶ市民講座,   2011年06月
  • ボランティアとコミュニケーション
    杉山 成, おたる健康総合大学(小樽市保健所),   2011年07月
  • 地震・津波と被災者の心理
    杉山 成, 小樽商科大学市民公開講座,   2012年05月
  • サクセスフルエイジングに向けて
    杉山 成, 介護予防サポーター養成講座(小樽市役所介護保険課),   2012年07月
  • 幸福感をめぐる心理学
    杉山 成, 小樽商科大学シニアアカデミー,   2012年08月
  • 多様な学生への支援について
    杉山 成, 平成26年度北海道地区学生指導研修会,   2014年08月

競争的資金

  • 青年のフリーター選択に関わる心理的要因の解明
    文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)),   2005年 - 2006年, 杉山 成, 本研究の目的は、青年の進路決定過程において「フリーター」という選択肢が選ばれる際の心理的要因について解明することである。昨年度に行った文献研究の結果から、この過程に「社会への意識的/行動的関与」が深く関連していることが示唆されたため、本年度はこの点に焦点をあてた研究を行った。まず、大学生男女を対象に「個人と社会の関係をどうとらえているか」という意識的側面とフリーター生活への賛同の程度の関連についての調査研究を行った。個人-社会志向性尺度に基づき、両尺度の高低によって対象者を4群に分類したところ、フリーター生活に最も親和的な群は、社会志向性が低く個人志向性の高い被験者であった。この結果からは進路決定過程における個人志向-社会志向のバランスの重要性が示唆された。社会への関与に関する行動的側面としては、アルバイト経験を取り上げ、経験の有無とフリーター生活への賛同との関連を検討した。大学新入生を対象に4月と7月の2回にわたる調査を行った結果、アルバイト経験がフリーター生活への賛同に及ぼす影響は統計的に有意なものではなかった。この結果は、アルバイト経験そのものよりも、それをどう選択し位置づけているかという認知的要因の重要性を示唆するものとして解釈された。最後に、キャリア意識形成に関する介入的研究の端緒として、集団討論の効果について検討した。フリーター問題に関する講義の後にテーマに関する...

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 心理学統計法, 放送大学面接授業
  • 臨床心理学, 桜美林大学
  • 産業心理学, 長野大学
  • 社会心理学, 長野大学
  • 社会的環境と心理, 藤女子大学
  • 心理学Ⅰ・Ⅱ, 小樽商科大学
  • 現代心理学, 小樽商科大学
  • 人文・社会科学特別講義, 小樽商科大学大学院

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • 大学入試センター試験問題作成委員, その他, 大学入試センター,   1998年04月 - 2000年03月
  • おたる健康総合大学運営委員, 講師,助言・指導, 小樽市保健所,   2008年04月 - 2012年03月
  • 小樽市いじめ防止対策審議会委員, 助言・指導, 小樽市教育委員会,   2015年04月 - 現在