詳細検索はこちら

坂柳 明サカヤナギ アキラ

所属部署名
商学科
職名教授メールアドレス
生年月日ホームページURL
電話番号(代表)0134-27-5206
メッセージ
Last Updated :2017/10/06

研究者基本情報

学歴

  •  - 2003年03月, 東京大学, 経済学研究科, 企業・市場専攻博士課程単位取得退学
  •  - 1998年03月, 東京大学, 経済学研究科, 企業・市場専攻修士課程修了
  •  - 1996年03月, 東京大学, 経済学部, 経済学科卒業
  •  - 1995年03月, 東京大学, 経済学部, 経営学科卒業

学位

  • 修士(経済学)(東京大学)

所属学協会

  • 日本監査研究学会
  • 日本会計研究学会

委員歴

  •   2014年12月 - 現在, 公認会計士・監査審査会, 公認会計士試験試験委員
  • 日本監査研究学会, 一般会員
  • 日本会計研究学会, 一般会員

経歴

  •   2010年10月,  - 現在, 小樽商科大学, 商学部, 教授
  •   2007年04月, 小樽商科大学, 商学部, 准教授
  •   2003年04月, 小樽商科大学, 商学部, 助教授

研究活動情報

研究分野

  • 会計学, 監査論

研究キーワード

    継続企業の前提が疑わしい場合の監査人の対応, 未確定事項

論文

書籍等出版物

講演・口頭発表等

  • 将来事象についての経営者の評価の適否が判断できない場合の監査人の対応―未確定事項、ゴーイング・コンサーン問題を含めて―
    坂柳 明, 日本会計研究学会北海道部会第77回大会,   2010年05月22日
  • 継続企業の前提に疑義が認められる場合の監査人の対応―2つの状況を識別して―
    坂柳 明, 日本会計研究学会第63回全国大会(自由論題報告),   2004年09月10日
  • 未確定事項に直面した監査人の対応―2つの未確定事項を識別して―
    坂柳 明, 日本会計研究学会北海道部会第65回大会,   2004年05月22日
  • 継続企業の前提が不成立の場合の監査人の対応―いくつかの事例を分析して―
    坂柳 明, 日本監査研究学会第26回全国大会(自由論題報告),   2003年09月28日

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 監査論, 小樽商科大学
  • 会計学特講, 小樽商科大学
  • 簿記原理, 小樽商科大学
  • 応用簿記, 小樽商科大学

その他

所属部局ホームページ

researchmap