詳細検索はこちら

木村 泰知キムラ ヤストモ

所属部署名
社会情報学科
職名教授メールアドレス
生年月日ホームページURLhttp://local-politics.jp/
電話番号(代表)0134-27-5206
メッセージ
教員紹介ビデオ
Last Updated :2020/06/30

研究者基本情報

基本情報

    科研費研究者番号:50400073

学位

  • 博士(工学)(北海道大学)

所属学協会

  • 電子情報通信学会
  • 情報処理学会
  • 人工知能学会
  • 言語処理学会

委員歴

  •   2019年04月 - 現在, 情報処理学会 自然言語処理研究会 (NL), 幹事
  •   2018年03月 - 現在, 森羅:Wikipedia構造化プロジェクト2018, 実行委員
  •   2019年09月 - 2020年12月, NTCIR15 QA Lab-PoliInfo2, タスクオーガナイザー
  •   2017年12月 - 2019年06月, NTCIR14 QALab-PoliInfo, タスクオーガナイザー
  •   2017年06月 - 2019年06月, 電子情報通信学会, ソサイエティ論文誌編集委員会 査読委員
  •   2017年09月 - 2019年04月, 日本知能情報ファジィ学会 特集号 :「政治・経済とコトバ」, ゲストエディタ
  •   2015年09月 - 2018年08月, 言語処理学会, 編集委員
  •   2015年05月 - 2017年03月, 情報処理北海道支部, 役員
  •   2015年04月 - 2015年10月, 情報処理北海道シンポジウム2015, 実行委員
  •   2015年04月 - 2015年09月, エンタテインメントコンピューティング2015, 実行委員
  •   2009年 - 2015年, NLC(言語理解とコミュニケーション研究会), 専門委員
  •   2014年01月 - 2014年03月, 日本デジタルゲーム学会, 大会実行委員
  •   2013年09月 - 2014年03月, 言語処理学会第20回, 大会実行委員
  •   2012年09月 - 2013年03月, 言語処理学会第19回, 大会プログラム委員
  •   2011年09月 - 2012年03月, 言語処理学会第18回, 大会プログラム委員
  •   2009年 - 2009年, Pacling2009, LOCAL COMMITTEE

経歴

  •   2018年10月,  - 現在, 小樽商科大学, 商学部 社会情報学科, 教授
  •   2017年10月,  - 現在, 理化学研究所 革新知能統合研究センター, 言語情報アクセス技術チーム, 客員研究員
  •   2007年04月,  - 2018年09月, 小樽商科大学, 商学部 社会情報学科, 准教授
  •   2010年10月,  - 2011年09月, New York University, 訪問研究員
  •   2005年04月,  - 2007年03月, 小樽商科大学, 商学部 社会情報学科, 助教授

研究活動情報

研究分野

  • 図書館情報学、人文社会情報学, 地方議会会議録
  • 知能情報学, 自然言語処理

研究キーワード

    地方議会会議録, 情報抽出, 自然言語処理

論文

  • Extraction of the Argument Structure of Tokyo Metropolitan Assembly Minutes: Segmentation of Question-and-Answer Sets
    Takamaru, Keiichi, Kimura, Yasutomo, Shibuki, Hideyuki, Ototake, Hokuto, Uchida, Yuzu, Sakamoto, Kotaro, Ishioroshi, Madoka, Mitamura, Teruko, Kando, Noriko, 2064 - 2068,   2020年05月, 査読有り
  • Extraction of Volitional Utterances from Japanese Local Political Corpus
    Hiroki Sakaji, Yasutomo Kimura, Izumi Kiyoshi, Hiroyasu Matsushima, The 2nd International Workshop on Cross-disciplinary Data Exchange and Collaboration (CDEC 2019), The 2nd International Workshop on Cross-disciplinary Data Exchange and Collaboration (CDEC 2019), 24 - 29,   2019年11月, 査読有り
  • Influence of Classifiers and Encoders on Argument Classification in Japanese Assembly Minutes
    Yasutomo Kimura, Hideyuki Shibuki, Hokuto Ototake, Yuzu Uchida, Keiichi Takamaru, Kotaro Sakamoto, Madoka Ishioroshi, Teruko Mitamura, Noriko Kando, The fifth Linguistic and Cognitive Approaches to Dialog Agents Workshop, The fifth Linguistic and Cognitive Approaches to Dialog Agents Workshop,   2019年08月, 査読有り
  • 地方議会会議録における発言文推定手法の性能評価
    桧森 拓真, 木村 泰知, 坂地 泰紀, 荒木 健治, 知能と情報, 知能と情報, 31, (2) 645 - 652,   2019年04月, 査読有り
  • 対数尤度比と政治語彙度を用いた議員の議会活動の可視化
    内田 ゆず, 高丸 圭一, 乙武 北斗, 木村 泰知, 知能と情報, 知能と情報, 31, (2) 662 - 671,   2019年, 査読有り
  • Stance Classification Using Political Parties in Tokyo Metropolitan Assembly Minutes
    Yasutomo Kimura, Minoru Sasaki, The Seventh International Conference on Data Analytics, The Seventh International Conference on Data Analytics, 46 - 49,   2018年11月, 査読有り
  • Speaker Identification for Japanese Prefectural Assembly Minutes
    Yasutomo Kimura, Yuzu Uchida, Keiichi Takamaru, Proceedings of the Eleventh International Conference on Language Resources and Evaluation (LREC 2018), European Language Resources Association (ELRA), Proceedings of the Eleventh International Conference on Language Resources and Evaluation (LREC 2018), European Language Resources Association (ELRA),   2018年05月, 査読有り
  • "Web-based system for Japanese local political documents"
    Hokuto Ototake, Hiroki Sakaji, Keiichi Takamaru, Akio Kobayashi, Yuzu Uchida, Yasutomo Kimura, International Journal of Web Information Systems, International Journal of Web Information Systems, 14, (3) 357 - 371,   2018年, 査読有り
  • A Method for Detecting Harmful Entries on Informal School Websites Using Morphosemantic Patterns
    Michal Ptaszynski, Fumito Masui, Yoko Nakajima, Yasutomo Kimura, Rafal Rzepka, Kenji Araki, Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, 21, (7) 1189 - 1201,   2017年11月, 査読有り
  • A Web-Based Visualization System for Interdisciplinary Research Using Japanese Local Political Corpus
    Hokuto Ototake, Hiroki Sakaji, Keiichi Takamaru, Akio Kobayashi, Yuzu Uchida, Yasutomo Kimura, Advances in Network-Based Information Systems, The 20th International Conference on Network-Based Information Systems (NBiS-2017), Advances in Network-Based Information Systems, The 20th International Conference on Network-Based Information Systems (NBiS-2017),   2017年08月, 査読有り
  • 地方政治コーパスにおける都道府県議会会議録パネルデータの基礎分析
    高丸圭一, 内田ゆず, 木村泰知, 宇都宮共和大学シティライフ学論叢, 宇都宮共和大学シティライフ学論叢, (18) ,   2017年03月31日
  • 地方政治コーパスにおける都道府県議会パネルデータの基礎分析
    高丸圭一, 内田ゆず, 木村泰知, 宇都宮共和大学論叢, 宇都宮共和大学論叢, (18) 136 - 155,   2017年03月
  • Creating Japanese Political Corpus from Local Assembly Minutes of 47 Prefectures
    Yasutomo Kimura, Keiichi Takamaru, Takuma Tanaka, Akio Kobayashi, Hiroki Sakaji, Yuzu Uchida, Hokuto Ototake, Shigeru Masuyama, Proceedings of the 12th Workshop on Asian Language Resources (ALR12), The COLING 2016 Organizing Committee, Proceedings of the 12th Workshop on Asian Language Resources (ALR12), The COLING 2016 Organizing Committee, 78 - 85,   2016年12月, 査読有り
  • Prototyping Radiobots - Automatic Radio Talks Generator Considering Live Feedback
    Rafal Rzepka, Yasutomo Kimura, Yoshihito Tsuji, Keiichi Takamaru, Second Workshop on Chatbots and Conversational Agent Technologies Collocated with IVA 2106,, Second Workshop on Chatbots and Conversational Agent Technologies Collocated with IVA 2106,,   2016年09月, 査読有り
  • Detecting Cyberbullying with Morphosemantic Patterns
    Michal Ptaszynski, Fumito Masui, Yoko Nakajima, Yasutomo Kimura, Rafal Rzepka, Kenji Araki, Joint 8th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 17th International Symposium on Advanced Intelligent Systems (SCIS-ISIS 2016), Joint 8th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 17th International Symposium on Advanced Intelligent Systems (SCIS-ISIS 2016), 248 - 255,   2016年08月, 査読有り
  • Sustainable cyberbullying detection with category-maximized relevance of harmful phrases and double-filtered automatic optimization
    Michal Ptaszynski, Fumito Masui, Taisei Nitta, Suzuha Hatakeyama, Yasutomo Kimura, Rafal Rzepka, Kenji Araki, International Journal of Child-Computer Interaction, International Journal of Child-Computer Interaction, 8, 15 - 30,   2016年05月, 査読有り
  • 係り先動詞に着目したオノマトペの語義分類に関する検討
    高丸 圭一, 内田 ゆず, 乙武 北斗, 木村 泰知, 知能と情報, 知能と情報, 28, (4) 693 - 699,   2016年, 査読有り
  • Extracting Patterns of Harmful Expressions for Cyberbullying Detection
    Michal Ptaszynski, Fumito Masui, Yasutomo Kimura, Rafal Rzepka, Kenji Araki, Proceedings of the 7th Language and Technology Conference - LTC 2015, Proceedings of the 7th Language and Technology Conference - LTC 2015, 370 - 375,   2015年11月, 査読有り
  • Local Government Name Disambiguation on Japanese Regional Assembly Minutes
    Fumitoshi Ashihara, Yasutomo Kimura, Kenji Araki, Proceedings of the 7th Language and Technology Conference - LTC 2015, Proceedings of the 7th Language and Technology Conference - LTC 2015, 403 - 407,   2015年11月, 査読有り
  • 地方議会会議録における節単位による議員の要望抽出
    葦原史敏, 木村泰知, 荒木健治, 電子情報通信学会論文誌, 電子情報通信学会論文誌, J98-D, (11) 1390 - 1401,   2015年11月, 査読有り
  • Brute Force Works Best Against Bullying
    Michal Ptaszynski, Fumito Masui, Yasutomo Kimura, Rafal Rzepka, Kenji Araki, IJCAI 2015 Workshop on INTELLIGENT PERSONALIZATION (IP'2015), IJCAI 2015 Workshop on INTELLIGENT PERSONALIZATION (IP'2015),   2015年07月, 査読有り
  • 座談会:国会審議をめぐる学際的研究の可能性
    増山 幹高, 河原 達也, 松田 謙次郎, 木村 泰知, 高丸 圭一, レヴァイアサン, レヴァイアサン, (56) 8 - 53,   2015年, 招待有り
  • 地方議会会議録コーパスにおけるオノマトペ:出現傾向と語義の分析
    高丸 圭一, 内田 ゆず, 乙武 北斗, 木村 泰知, 人工知能学会論文誌, 人工知能学会論文誌, 30, (1) 306 - 318,   2015年, 査読有り
  • 地方議会会議録コーパスの構築および政治情報システム構築を目標としたアノテーションの一提案
    筒井貴士, 我満拓弥, 大城卓, 菅原晃平, 永井隆広, 渋木英潔, 木村泰知, 森辰則, 自然言語処理, 自然言語処理, 21, (2) 125 - 156,   2014年, 査読有り
  • Cyberbullying Detection Based on Category Relevance Maximization
    Taisei Nitta, Fumito Masui, Michal Ptaszynski, Yasutomo Kimura, Rafal Rzepka, Kenji Araki, 20th International Conference on Language Processing and Intelligent Information Systems, 20th International Conference on Language Processing and Intelligent Information Systems,   2013年06月, 査読有り
  • Automatic detection of cyberbullying with the use of Natural Language Processing methods
    Michal Ptaszynski, Taisei Nitta, Fumito Masui, Yasutomo Kimura, Rafal Rzepka, Kenji Araki, A open lecture presented on the Faculty of Mathematics and Computer Science of Adam Mickiewicz University, A open lecture presented on the Faculty of Mathematics and Computer Science of Adam Mickiewicz University,   2013年06月, 査読有り
  • 主辞に基づく政治問題抽出手法
    木村泰知, 関根聡, 人工知能学会論文誌, 人工知能学会論文誌, 28, (4) 370 - 378,   2013年, 査読有り
  • Clause Classification-based Retrieval of Demand from Local Assemblies Minutes
    Fumitoshi Ashihara, Yasutomo Kimura, Kenji Araki, Pacling2013, Pacling2013,   2013年, 査読有り
  • Detecting Cyberbullying Entries on Informal School Websites Based on Category Relevance Maximization
    Taisei Nitta, Fumito Masui, Michal Ptaszynski, Yasutomo Kimura, Rafal Rzepka, Kenji Araki, Proceedings of the Sixth International Joint Conference on Natural Language Processing, Proceedings of the Sixth International Joint Conference on Natural Language Processing, 579 - 586,   2013年, 査読有り
  • 全国の市町村議会会議録のウェブ公開とデータ提供の状況
    高丸 圭一, 木村 泰知, 渋谷 英潔, 宇都宮共和大学都市経済研究年報, 宇都宮共和大学都市経済研究年報, (11) 47 - 72,   2011年11月
  • 地方議員マッチングシステムにおける能動的質問のための質問生成手法
    木村 泰知, 渋木 英潔, 高丸 圭一, 乙武 北斗, 小林 哲郎, 森 辰則, 人工知能学会論文誌, 人工知能学会論文誌, 26, (5) 580 - 593,   2011年, 査読有り
  • WWW活用による語の比喩的素描手法
    桝井 文人, ジェプカ ラファウ, 木村泰知, 福本 淳一, 荒木 建治, 知能と情報(日本知能情報ファジィ学会誌, 知能と情報(日本知能情報ファジィ学会誌, 22, (6) 707 - 719,   2010年12月, 査読有り
  • 栃木県の地方議会会議録における整文についての基礎分析-本会議のウェブ配信と会議録の比較-
    高丸 圭一, 木村 泰知, 宇都宮共和大学 都市経済研究年報, 宇都宮共和大学 都市経済研究年報, 10, (0) 74 - 86,   2010年
  • 北海道の地方政治におけるウェブ政治情報システム
    渋木 英潔, 木村 泰知, 高丸 圭一, 北海学園大学経営論集, 北海学園大学経営論集, 7, (3) 65^85 - 85,   2009年12月
  • 地方議員と住民間の協働支援に向けたウェブの利用
    木村泰知, 渋木英潔, 高丸圭一, 選挙研究, 選挙研究, 25, (1) 100 - 118,   2009年, 招待有り
  • 新聞記事を対象とした刑事事件の性質と量刑との関連性の可視化
    松原 雅文, 木村 泰知, 渋木 英潔, 高丸 圭一, RZEPKA Rafal, 村上 浩司, 人工知能学会全国大会論文集, 人工知能学会全国大会論文集, 8, (0) 406 - 406,   2008年, 査読有り
  • Query expansion for contextual question using Genetic Algorithms
    Yasutomo Kimura, Kenji Araki, INFORMATION RETRIEVAL TECHNOLOLGY, PROCEEDINGS, INFORMATION RETRIEVAL TECHNOLOLGY, PROCEEDINGS, 4182, 574 - 580,   2006年, 査読有り
  • Evaluation of Japanese Dialogue Processing Method Based on Similarity Measure Using tf ・ AoI
    Yasutomo Kimura, Kenji Araki, Koji Tochinai, Proceedings of 5th International Conference, CICLing 2004, Lecture Notes in Computer Science, Proceedings of 5th International Conference, CICLing 2004, Lecture Notes in Computer Science, 2945, 371 - 382,   2004年, 査読有り
  • tf・AoIの重み付けに基づく類似性を用いた話し言葉における質問文の同定法
    木村 泰知, 荒木 健治, 栃内 香次, 電子情報通信学会論文誌D-II, 電子情報通信学会論文誌D-II, J87-D-II, (8) 1653 - 1664,   2004年, 査読有り
  • Evaluation of Japanese Dialogue Processing Method Based on Similarity Measure Using tf ・ AoI
    木村泰知, Proceedings of 5th International Conference, CICLing 2004, Proceedings of 5th International Conference, CICLing 2004, 2945, 371 - 382,   2004年, 査読有り
  • 遺伝的アルゴリズムを用いた帰納的学習による音声対話処理手法
    木村泰知, 荒木健治, 桃内佳雄, 栃内香次, 電子情報通信学会論文誌D-II, 電子情報通信学会論文誌D-II, 電子情報通信学会論文誌D-II, (9) 2079 - 2091,   2001年09月, 査読有り

MISC

  • 東京都議会会議録における議案への賛否を表明する発言の分析
    高丸 圭一, 木村 泰知, 内田 ゆず, 佐々木 稔, 吉岡 真治, 秋葉 友良, 渋木 英潔,   2020年06月
  • 大規模地方議会会議録の分散表現を用いた地方議会のトピック分析
    佐々木 稔, 乙武 北斗, 木村 泰知, 人工知能学会全国大会(第34回),   2020年06月
  • Is Silence Golden? Evidence from Re-Election of Japan's Prefectural Assembly Members
    川浦昭彦, 木村泰知, 内田ゆず, 日本経済学会2020年度春季大会,   2020年05月
  • NTCIR-15 QA Lab-PoliInfo-2 のデータセット構築
    木村泰知, 秋葉友良, 石下円香, 内田ゆず, 小川泰弘, 乙武北斗, 佐々木稔, 渋木英潔, 高丸圭一, 三田村照子, 横手健一, 吉岡真治, 神門典子, 第12回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (第18回日本データベース学会年次大会),   2020年03月
  • NTCIR-15 QA Lab-PoliInfo-2 における Dialog Summarization
    小川泰弘, 木村泰知, 渋木英潔, 秋葉友良, 横手健一, 乙武北斗, 石下円香,   2020年03月
  • NTCIR-15 QA Lab-PoliInfo2 のタスク設計
    木村泰知, 渋木英潔, 高丸圭一 , 秋葉友良, 石下円香, 内田ゆず, 小川泰弘, 乙武北斗, 佐々木稔, 三田村照子, 横手健一, 吉岡真治, 神門典子, 言語処理学会第26回年次大会(NLP2020),   2020年03月
  • 会議録に含まれる法律名を対象としたEnd-to-Endのエンティティリンキングの性能評価
    桧森拓真, 木村泰知, 荒木健治, 言語処理学会第26回年次大会(NLP2020),   2020年03月
  • Final Report of the NTCIR-14 QA Lab-PoliInfo Task
    Yasutomo Kimura, Hideyuki Shibuki, Hokuto Ototake, Yuzu Uchida, Keiichi Takamaru, Kotaro Sakamoto, Madoka Ishioroshi, Teruko Mitamura, Noriko Kando, Tatsunori Mori, Harumichi Yuasa, Satoshi Sekine, Kentaro Inui, NII Testbeds and Community for Information Access Research, 14th International Conference, NTCIR 2019, Tokyo, Japan, June 10–13, 2019, Revised Selected Papers,   2019年12月
  • 異なる意見の新聞社説を用いた情報提供のあり方の一考察
    木村泰知, 藤本朱夏, FIT2019(第18回情報科学技術フォーラム)第二分冊 CE-004,   2019年09月
  • 議会会議録に含まれる法律名の表記揺れ問題解決に向けたエンティティリンキングの試み
    桧森拓真, 木村泰知, 荒木健治, 情報処理学会 自然言語処理研究会,   2019年08月
  • Overview of the NTCIR-14 QA Lab-PoliInfo Task
    Yasutomo Kimura, Hideyuki Shibuki, Hokuto Ototake, Yuzu Uchida, Keiichi Takamaru, Kotaro Sakamoto, Madoka Ishioroshi, Teruko Mitamura, Noriko Kando, Tatsunori Mori, Harumichi Yuasa, Satoshi Sekine, Kentaro Inui, Proceedings of The 14th NTCIR Conference,   2019年06月
  • 都道府県議会を対象とした議員の発言と選挙結果の関係性の一考察
    木村 泰知, 川浦 昭彦, 内田 ゆず, 2019年度 人工知能学会全国大会(第33回),   2019年06月
  • NTCIR-14 QA Lab-PoliInfo Formal RunにおけるSummarization Taskの結果と評価
    渋木英潔, 木村泰知, 乙武北斗, 内田ゆず, 高丸圭一, 阪本浩太郎, 石下円香, 三田村照子, 森辰則, 神門典子, 言語処理学会第25回年次大会(NLP2019),   2019年03月
  • 英国地方議会会議録コーパスの構築に向けた分析
    木村泰知, 渋木英潔, 森辰則, 神門典子, 言語処理学会第25回年次大会(NLP2019),   2019年03月
  • 東京都議会の会派を用いたStance classificationの試み
    木村泰知, 佐々木稔, 言語処理学会第25回年次大会(NLP2019),   2019年03月
  • Gaussian LDAを用いた地方議会会議録のトピック分析
    佐々木稔, 木村泰知, 言語処理学会第25回年次大会(NLP2019),   2019年03月
  • NTCIR-14 QA Lab-PoliInfoの Formal Run Dataset の構築
    木村泰知, 渋木英潔, 乙武北斗, 内田ゆず, 高丸圭一, 阪本浩太郎, 石下円香, 三田村照子, 神門典子, 言語処理学会第25回年次大会(NLP2019),   2019年03月
  • Wikipediaのカテゴリ情報を用いた地方議会会議録における発言に対する情報理解支援
    桧森拓真, 谷内健太, 木村泰知, 言語処理学会第25回年次大会(NLP2019),   2019年03月
  • オノマトペの語義分類を目的とした BERT の適用方法に関する検討
    乙武 北斗, 内田 ゆず, 高丸 圭一, 木村 泰知, 日本知能情報ファジィ学会 ファジィ システム シンポジウム 講演論文集, 35, (0) 330 - 331,   2019年,

  • 地方議会と国会における同一議員による発言の比較に向けた検討
    高丸 圭一, 内田 ゆず, 木村 泰知, 松田 謙次郎, 日本知能情報ファジィ学会 ファジィ システム シンポジウム 講演論文集, 35, (0) 324 - 329,   2019年,

  • 政治情報における自然言語処理の課題
    木村泰知, 日本知能情報ファジィ学会誌, 30, (8) 202 - 204,   2018年08月
  • 政治情報の信憑性判断における情報アクセス技術の役割 -NTCIR-14 QA Lab-PoliInfoタスクの提案-
    木村 泰知, 渋木 英潔, 阪本 浩太郎, 石下 円香, 三田村 照子, 神門 典子, 情報処理学会 第236回自然言語処理研究会,   2018年07月
  • 情報科学的コンテンツツーリズムによる地域振興の試み
    桝井文人, 西野寛明, 山本真史, 北川泰治郎, 木村泰知, 黒田英慈, 岡村 慎, 観光情報学会 第17回研究発表会,   2018年05月
  • 地方議会会議録の要約に向けて
    木村泰知, 関根聡, 乾健太郎, 言語処理学会第24回年次大会(NLP2018), P5-3,   2018年03月
  • 新聞記事における政治家の発言の引用記述と議会会議録との対応関係の調査 ―フェイクニュース検出に向けて―
    木村泰知, 戸嶋咲穂, 渋木英潔, 言語処理学会第24回年次大会(NLP2018), B3-2,   2018年03月
  • 地方議会会議録における発言文の推定
    桧森拓真, 木村泰知, 坂地泰紀, 言語処理学会第24回年次大会(NLP2018), P1-3,   2018年03月
  • Elected Officials in the Local Assembly: Analysis of Prefectural Plenary Session Transcripts
    Akihiko Kawaura, Yasutomo Kimura, Keiichi Takamaru, Yuzu Uchida, Doshisha University Center for the Study of the Creative Economy, Discussion Paper Series No.2018-02 (ENGLISH),   2018年02月
  • 一般公開版「都道府県議会会議録検索システム」の概要
    乙武 北斗, 高丸 圭一, 内田 ゆず, 木村 泰知, 人工知能学会全国大会論文集, 2018, (0) 4Pin128 - 4Pin128,   2018年,

    筆者らは,都道府県議会会議録を横断検索できる「都道府県議会会議録検索システム」(http://local-politics.jp/47pref/)を2018年2月に一般公開した.このシステムには47都道府県議会の平成23年4月から平成27年3月までの4年分の本会議会議録が収録されており,各発言に発言者名および発言者属性(議員のみ)が付与されている.本システムは,全文検索,検索結果の文脈展開機能,KWIC表示機能,マップ検索機能,クロス集計機能を有する.本稿では本システムに実装される各機能の特徴について述べる.

  • 都道府県議会会議録コーパスを用いた議員の議会活動の可視化に向けて
    内田 ゆず, 高丸 圭一, 乙武 北斗, 木村 泰知, 人工知能学会全国大会論文集, 2018, (0) 1E303 - 1E303,   2018年,

    筆者らは,47都道府県議会本会議を対象として地方議会会議録コーパスを構築した.このコーパスに収録されている発言文には,発言者の氏名・役職・選挙区・生年・性別等の情報が付与されている.したがって,このコーパスを利用すると全国の都道府県議会議員の議会活動の一端を可視化することができる.本稿では,議員の年齢・性別構成を明らかにしたうえで,各議員の発言文字数,単語の出現頻度を集計する.その結果から,議員の属性による議会での発言量の違いや発言内容の違いを考察する.

  • 述語項構造に基づく地方議会会議録からの意見抽出手法の検討
    乙武 北斗, 高丸 圭一, 内田 ゆず, 木村 泰知, 日本知能情報ファジィ学会 ファジィ システム シンポジウム 講演論文集, 34, (0) 222 - 225,   2018年,

    本稿では,都道府県議会会議録中の発言文から理由・根拠付きの意見を自動抽出する手法について述べる.筆者らは一定期間の47都道府県議会会議録の横断検索が可能な「都道府県議会会議録検索システム」を一般に公開している.ユーザはシステムを用いることで,キーワードを含む議員の発言内容や発言量の地域差を視覚的に把握することができる.一方で現システムでは,議員が意見を述べている部分を抽出するような,キーワードを一意に決定できないタスクは困難である.理由や根拠が明記された意見を含む発言はユーザにとって,議員の考えを理解するために有用である.本研究では述語項構造を用いてそのような意見を含む文の抽出を行う方法を検討する.

  • 全地方議会会議録の横断検索に向けたデータ収集とデータ構造の検討
    井原 大将, 内田 ゆず, 高丸 圭一, 木村 泰知, 江崎 浩, 第233回自然言語処理研究会,   2017年10月
  • 地方議会の議案収集に向けた議案一覧抽出の試み
    田中琢真, 坂地泰紀, 小林暁雄, 木村泰知, 増山繁, 電子情報通信学会技術研究報告, 117, (207) 41 - 46,   2017年09月
  • 都道府県議会会議録からの意見や意志を表す発言の抽出
    坂地泰紀, 酒井浩之, 小林暁雄, 内田ゆず, 乙武北斗, 高丸圭一, 木村泰知, 言語処理学会第23回年次大会(NLP2017),   2017年03月
  • 地方政治コーパス構築における従来の成果と現在の課題 – 政治・経済分野の応用研究に向けたパネルデータの構築-
    木村泰知, 小林暁雄, 坂地泰紀, 内田ゆず, 高丸圭一, 乙武北斗, 吉田光男, 川浦昭彦, 言語処理学会第23回年次大会(NLP2017),   2017年03月
  • 都道府県議会会議録のパネルデータ作成に向けた発言者情報の付与
    木村 泰知, 内田 ゆず, 高丸 圭一, 日本知能情報ファジィ学会 ファジィ システム シンポジウム 講演論文集, 33, (0) 701 - 706,   2017年,

  • 議論の背景・過程・結果を関連づける地方政治コーパスの構築の試み
    木村 泰知, 小林 暁雄, 坂地 泰紀, 内田 ゆず, 高丸 圭一, 乙武 北斗, 吉田 光男, 荒木 健治, 人工知能学会全国大会論文集, 2017, (0) 3G24 - 3G24,   2017年,

    本研究では,地方政治に関する研究の活性化・学際的応用を目指して,「議論の背景」「議論の過程」「議論の結果」を関連づけるコーパスの構築を進めている.本稿では,議論の背景・過程・結果を関連づける地方政治コーパスの構築の試みについて述べる.

  • 都道府県議会会議録を対象とした議題・議案表現の自動抽出に向けた検討
    田中 琢真, 小林 暁雄, 坂地 泰紀, 内田 ゆず, 乙武 北斗, 高丸 圭一, 木村 泰知, 増山 繁, 人工知能学会全国大会論文集, 2017, (0) 3G22 - 3G22,   2017年,

    近年,地方創成などの議論が盛んになり,地方議会会議録の分析が重要性を増してきている.これらの会議録は,会議の全発言を記録したものであり,各地方自治体によってWeb公開されている.地方議会会議録では,各自治体が独自に記録を行っているため,会議録によっては,議題がリストアップされておらず,議題の収集が困難であるといった問題がある.そこで,本研究では,地方議会会議録からの議題の自動収集手法を検討する.

  • 都道府県議会会議録を用いた地方政治コーパスの構築の試み
    田中琢真, 小林暁雄, 坂地泰紀, 内田ゆず, 乙武北斗, 高丸圭一, 木村泰知, 情報処理北海道シンポジウム 2016,   2016年10月
  • 地方議会における自治体の政策・取組を引用する議員の発言の抽出
    葦原史敏, 木村泰知, 荒木健治, 第9回テキストマイニング・シンポジウム, 電子情報通信学会技術研究報告,   2016年09月
  • 表層格に着目したオノマトペ共起語の抽出と分析
    乙武北斗, 内田ゆず, 高丸圭一, 木村泰知, 言語処理学会第22回年次大会(NLP2016),   2016年03月
  • 地方政治コーパス構築に向けた都道府県議会会議録からの発言データの抽出
    田中 琢真, 小林 暁雄, 坂地 泰紀, 内田 ゆず, 乙武 北斗, 高丸 圭一, 木村 泰知, 日本知能情報ファジィ学会 ファジィ システム シンポジウム 講演論文集, 32, (0) 251 - 254,   2016年,

  • オノマトペが修飾する名詞の抽出と分析〜「―の」「―(と)した」を対象として〜
    乙武 北斗, 内田 ゆず, 高丸 圭一, 木村 泰知, 日本知能情報ファジィ学会 ファジィ システム シンポジウム 講演論文集, 32, (0) 243 - 248,   2016年,

  • BCCWJにおけるオノマトペの語義とコロケーションの分析
    内田 ゆず, 高丸 圭一, 乙武 北斗, 木村 泰知, 人工知能学会全国大会論文集, 2016, (0) 1K4OS06a2 - 1K4OS06a2,   2016年
  • ゲーミフィケーションを利用した多人数参加型実世界指向インフォーマルコミュニケーション支援システム
    藍圭介, 木村泰知, 棟方渚, 小野哲雄, エンタテインメントコンピューティングシンポジウム2015論文集,   2015年09月
  • 地方議会会議録における自治体名の曖昧性解消の検討
    葦原史敏, 木村泰知, 荒木健治, ファジィシステムシンポジウム,   2015年09月
  • BCCWJコアデータにおけるオノマトペ出現実態の分析
    内田 ゆず, 高丸 圭一, 乙武 北斗, 木村 泰知, JSAI2015,   2015年06月
  • Radiobots型対話システムの提案
    木村 泰知, ジェプカ ラファウ, 高丸 圭一, JSAI2015,   2015年05月
  • 地方議会会議録に含まれる地域課題を論題としたディベート型対話システムの提案
    木村泰知, 葦原史敏, アルノジョルダン, 荒木健治, 言語処理学会第21回年次大会(NLP2015),   2015年03月
  • 現代オノマトペ・コロケーション・データベース構築のための係り先動詞の分析
    高丸 圭一, 内田 ゆず, 乙武 北斗, 木村 泰知, 日本知能情報ファジィ学会 ファジィ システム シンポジウム 講演論文集, 31, (0) 415 - 420,   2015年, オノマトペは(擬音語・擬態語)は音や程度,状態を効果的に伝達する手段であり,豊かな日本語表現には欠かすことができないものである。1つのオノマトペが複数の語義を持ち,さらにそれらから派生した語義や新たな語義が追加されることが知られている。日本語非母語話者におけるオノマトペの学習や対話システムの応答におけるオノマトペの利用には,それぞれのオノマトペがどのような文脈で利用できるかを示す必要がある。本研究では,複数の言語資源から現代の日本語におけるオノマトペの最新の用例を収集し,コロケーションデータベースを構築することを目指している。本稿では,係り先動詞に着目して行った分析の結果について述べる。
  • 地方議会会議録を利用した自治体間引用関係抽出における被引用数・引用数の分析
    葦原史敏, 木村泰知, 荒木健治, ARG 第5回Webインテリジェンスとインタラクション研究会,   2014年11月
  • 地方議会会議録における異なる自治体の取組を参考にする発言抽出の検討
    葦原史敏, 木村泰知, 荒木 健治, 電気・情報関係学会 北海道支部連合大会,   2014年10月
  • 地方議会会議録コーパスを用いたオノマトペの分析
    高丸 圭一, 内田 ゆず, 乙武 北斗, 木村 泰知, コーパス日本語学ワークショップ,   2014年09月
  • 地方議会会議録におけるオノマトペの出現傾向に関する基礎的検討-少数の自治体に高頻度で出現するオノマトペについて-
    高丸圭一, 内田ゆず, 乙武北斗, 木村泰知, 言語処理学会第20回年次大会,   2014年03月
  • 高齢者を対象とした実写映像を用いた歩行訓練ゲームの提案
    木村泰知, 石川睦, 日本デジタルゲーム学会,   2014年03月
  • 360度カメラを用いたパノラマ風景の歩行訓練ゲームの提案,
    藍圭介, 木村泰知, 石川睦, 日本デジタルゲーム学会,   2014年03月
  • 地方議会会議録におけるオノマトペの自動抽出手法の提案
    木村 泰知, 渋木 英潔, 内田 ゆず, 乙武 北斗, 高丸 圭一, 森 辰則, 日本知能情報ファジィ学会 ファジィ システム シンポジウム 講演論文集, 30, (0) 638 - 641,   2014年, オノマトペは音、雰囲気、程度、様子を効果的に伝える手段であり、日本語の話しことばで多用されることが知られている。オノマトペの中には、同じ表現であっても地域により異なる使われ方をされるものがあり、地域差を考慮したオノマトペ分析を行う必要がある。しかしながら、一般的な形態素解析ではオノマトペを適切に認識できないことが多く、オノマトペ研究を行う上で妨げとなっている。本稿では、地方議会会議録を対象として、議員の発言中に含まれるオノマトペを自動抽出する手法を提案する。また、従来研究では対象とされることが少なかった3文字以下のオノマトペを対象とした分析を行う。
  • Clause Classification-based Retrieval of Demand from Local Assemblies Minutes
    Fumitoshi Ashihara, Yasutomo Kimura, Kenji Araki, Conference of the Pacific Association for Computational Linguistics,   2013年09月, 査読有り
  • 地域政治情報コーパスへの賛否の積極性に関する注釈作業
    筒井貴士, 我満拓弥, 渋木英潔, 木村泰知, 森辰則,   2013年03月
  • 形態素N-gramを用いた地方議会会議録コーパスの地域変異検出の試み―文末表現を例に―
    高丸圭一, 乙武北斗, 渋木英潔, 木村泰知, 森辰則, 言語処理学会第19回年次大会,   2013年03月
  • 地方議会会議録コーパスの学際的応用を目的としたn-gramデータの構築およびウェブUIの試作
    乙武北斗, 高丸圭一, 渋木英潔, 木村泰知, 森辰則, 言語処理学会第19回年次大会,   2013年03月
  • 観光名所の実写映像を用いた歩行訓練ゲームの提案
    木村泰知, 石川睦, 観光情報学会,   2013年
  • カテゴリ別関連度最大化手法に基づく学校非公式サイトの有害書込み検出
    新田大征, 桝井文人, Ptaszynski Michal, 木村泰知, Rzepka Rafal, 荒木健治, JSAI2013,   2013年
  • 地方議会会議録コーパスの構築とその利用 (人工知能学会全国大会(第26回)文化,科学技術と未来) -- (近未来チャレンジセッション「NFC-4 (卒業セッション)情報編纂の基盤技術」)
    木村 泰知, 渋木 英潔, 高丸 圭一, 人工知能学会全国大会論文集, 26,   2012年
  • 節の分類情報を用いた地方議会会議録における要求・要望表現抽出
    葦原史敏, 木村泰知, 荒木健治, NLC研究会, 第2回 テキストマイニング・シンポジウム,   2012年
  • 地方議会会議録コーパスの構築とその利用
    木村泰知, 渋木英潔, 高丸圭一, 乙武北斗, 森辰則, 人工知能学会全国大会第26回,   2012年
  • 地方議会会議録コーパスの拡充における問題点の分析と対処
    菅原晃平, 大城卓, 齋藤誠, 永井隆広, 渋木英潔, 木村泰知, 森辰則, 言語処理学会第18回年次大会,   2012年
  • 地方政治情報システムのための地方議会会議録への注釈付けタグセットの提案
    大城卓, 渡邊裕斗, 渋木英潔, 木村泰知, 森辰則, 言語処理学会第18回年次大会,   2012年
  • 北海道を対象とした地方議員と住民間の協働支援システムのユーザインターフェース評価
    木村泰知, 渋木英潔, 高丸圭一, 小林哲朗, 森辰則, 第24回人工知能学会全国大会論文集,   2012年
  • 地方議会会議録の収集とコーパスの構築
    齋藤誠, 大城卓, 菅原晃平, 永井隆広, 渋木英潔, 木村泰知, 森辰則, 言語処理学会第17回年次大会,   2011年03月
  • 地方議会会議録における政治的カテゴリの自動推定手法の提案
    乙武 北斗, 渋木 英潔, 木村泰知, 高丸 圭一, 森 辰則, 電子情報通信学会技術研究報告,   2010年
  • 地方議員マッチングシステムのための質問表現の検討
    渋木英潔, 木村泰知, 高丸圭一, 森辰則, 信学技報 NLC2009-11,   2009年
  • 市議会会議録と住民ブログとのマッチングのための共通カテゴリの付与
    木村 泰知, 渋木, 英潔, JSAI2009,   2009年
  • 地方議会会議録の自動収集に向けた公開パタンの分析
    乙武北斗, 高丸圭一, 渋木英潔, 木村泰知, 荒木健治, 言語処理学会第15回年次大会,   2009年
  • Extraction of Political Activity of Assemblyman from Minutes of Municipal Assemblies Using the Political Category
    Takamaru,K, Shibuki,H, Kimura,Y, Hasegawa,D, Ototake,H, Araki,K, Conference of the Pacific Association for Computational Linguistics,   2009年, 査読有り
  • 市議会会議録を対象とした概念体系構築へ向けた分析
    長谷川 大, 乙武 北斗, 木村 泰知, 渋木 英潔, 高丸 圭一, 荒木 健治, 情報処理学会研究報告. 自然言語処理研究会報告, 187,   2008年09月17日, 本研究は地方政治に特化した概念体系の自構築に向けた,小樽市と帯広市の市議会会議録の分析を目的としている.分析は,会議録の段落毎に政治問題を示すキーワードを人手により抽出し,帯広市市議会の委員会体系を基に作成された概念体系から,キーワードに対して適切な上位概念を選択するという方法で行われた.2名の分析者による分析の結果,抽出したキーワードが一致した割合は0.68であり,概念体系の自動構築の可能性を示唆するものであつた.また,キーワードの前後4単語から成るフレーズを用いて,既知の会議録に対してキーワード自動抽出を行った結果,精度は9割を示した.
  • 裁判員支援に向けた類似判例に基づく量刑可視化システムの提案
    高丸圭一, 渋木英潔, 木村泰知, 松原雅文, Rafal Rzepka, 村上浩司, FIT2008 第7回情報科学技術フォーラム講演論文,   2008年09月
  • E-005 ブログを対象とした地域住民の政治的関心の分析(自然言語・音声・音楽,一般論文)
    木村 泰知, 渋木 英潔, 高丸 圭一, 情報科学技術フォーラム講演論文集, 7, (2) 149 - 150,   2008年08月20日
  • ブログを対象とした地域住民の政治的関心の分
    木村泰知, 渋木英潔, 高丸圭一, FIT2008 情報科学技術フォーラム 一般講演論文集 第2分冊,   2008年
  • ブログに潜在する政治的意見と議員活動とのマッチング手法
    木村泰知, 渋木英潔, 電子情報通信学会言語理解とコミュニケーション(NLC)研究会,   2008年
  • 裁判員支援に向けた新聞記事を対象とした刑事事件の性質に基づく量刑推定手法の提案
    松原雅文, 木村泰知, 渋木英潔, 高丸圭一, Rafal Rzepka, 村上浩司, FIT2008 第7回情報科学技術フォーラム講演論文集,   2008年
  • 裁判員支援に向けた量刑推定に適した判例タグの構築
    木村泰知, 渋木英潔, 高丸圭一, 松原雅文, Rafal Rzepka, 村上浩司, FIT2008 第7回情報科学技術フォーラム講演論文集,   2008年
  • Judicial Precedents Processing Project for Supporting Japanese Lay Judge System
    Rafal Rzepka, Hideyuki Shibuki, Yasutomo Kimura, Keiichi Takamaru, Masafumi Matsuhara, Koji Murakami, udicial Precedents Processing Project for Supporting Japanese Lay Judge System" Workshop on Semantic Processing of Legal Texts, v,   2008年, 査読有り
  • Toward Automatic Support For Japanese Lay Judge System - Processing Precedent Factors For Sentencing Trends Discovery
    Rafal Rzepka, Masafumi Matsuhara, Yasutomo Kimura, Keiichi Takamaru, Hideyuki Shibuki, Koji Murakami, Proceedings of NTCIR-7 Workshop Meeting,   2008年
  • Proposal of Precedents Processing System for Supporting Japanese Lay Judges
    Keiichi Takamaru, Hideyuki Shibuki, Rafal Rzepka, Masafumi Matsuhara, Koji Murakami, Yasutomo Kimura, PROCEEDINGS OF THE SECOND INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON UNIVERSAL COMMUNICATION,   2008年, We propose law professionals and amateurs supporting system for upcoming "lay judge system". The supporting system finds past cases which are similar to a target case and estimates a sentence Of target case. After describing the need of such project, we carry out an preliminary experiment to extract similar judicial precedents and estimate a sentence based on features of noun words. Then we introduce our preliminary findings and possibility of tagging and using so called Nagayama criteria used by human judges.
  • 議員発言録からの重要単語抽出システムの提案
    渋木英潔, 木村泰知, 山崎記敬, FIT2007 情報科学技術フォーラム 一般講演論文集 第2分冊,   2007年
  • 質問応答における知識源選択規則の自動獲得と適用
    亀山恵祐, 荒木健治, 木村泰知, 電子情報通信学会 第二種研究会資料 IEICE SIG Notes WI2-2006-6,   2006年
  • 遺伝的アルゴリズムを用いた文脈処理による質問応答処理手法の提案
    木村泰知, 荒木健治, 言語処理学会第12回年次大会,   2006年
  • 質問の関連性を考慮したクエリ生成手法の提案
    木村 泰知, 荒木 健治, 第4回情報科学技術フォーラム (FIT2005) 一般講演論文集, 第2分冊,   2005年
  • Three Systems and One Verifier -- HOKUM's Participation in QAC3 of NTCIR-5
    Yasutomo Kimura, Kenji Ishida, Hirotaka Imaoka, Fumito Masui, Marcin Skowron, Rafal Rzepka, Kenji Araki, Proceedings of NTCIR Workshop 5 Meeting,   2005年
  • Evaluation of Similarity-based Next Utterance Prediction Method,
    Yasutomo Kimura, Kenji Araki, Conference of the Pacific Association for Computational Linguistics,   2005年, 査読有り
  • TF*AoIを用いた類似性による発話予測
    木村泰知, 荒木健治, NLC2004-91,SP2004-131,,   2004年

書籍等出版物

講演・口頭発表等

  • 民主制下における地方自治体の情報公開・オープンデータと情報セキュリティとの交錯に関する研究
    本田正美, 木村泰知, 内田ゆず, 高丸圭一, 河村和徳, 社会情報学会(SSI) 学会大会 ワークショップ,   2019年09月15日
  • 地方議会会議録に含まれる議論を対象として背景・過程・結果を結びつける
    木村泰知, 第149回情報システムと社会環境研究発表会,   2019年08月23日, 招待有り
  • 議論の背景・過程・結果を関連づける地方政治コーパスの構築に向けて
    木村泰知, 電子情報通信学会「言語理解とコミュニケーション(NLC)」「思考と言語(TL)」合同研究会,   2016年06月04日, 招待有り
  • 観光情報のテキストマイニング
    木村泰知, しりべし未来創造大学,   2015年09月10日
  • 地方議会会議録コーパスの学際的利活用
    木村泰知, JSAI2015 オーガナイズドセッション「OS-13 金融情報学―ファイナンスにおける人工知能応用― (2)」,   2015年05月30日, 招待有り
  • 情報工学を利用して地域を元気にする
    木村泰知, 北海道中小企業家同友会産学連携研究会 9月例会,   2013年09月

受賞

  •   2019年03月, 一般社団法人社会基盤情報流通推進協議会, アーバンデータチャレンジ2018 データ部門銀賞
  •   2017年10月, 第33回ファジィシステムシンポジウム, ポスターデモセッション優秀賞, 都道府県議会会議録のパネルデータ作成に向けた発言者情報の付与
  •   2014年09月, 公益財団法人日本デザイン振興会, グッドデザイン賞, デジタルサイネージ [小樽商科大学附属図書館サイネージシステム], http://www.g-mark.org/award/describe/41736
  •   2012年06月, 人工知能学会, 2011年度 人工知能学会論文賞, 地方議員マッチングシステムにおける能動的質問のための質問生成手法

競争的資金

その他

所属部局ホームページ

researchmap