詳細検索はこちら

池田 真介イケダ シンスケ

所属部署名
経済学科
職名准教授メールアドレス
生年月日ホームページURLhttps://kaken.nii.ac.jp/d/r/90598567.ja.html
電話番号(代表)0134-27-5206
メッセージ
Last Updated :2018/06/08

研究者基本情報

学歴

  • 2005年08月 - 2010年05月, ボストン大学, 経済学部, 博士課程
  • 2001年04月 - 2003年03月, 東京大学, 大学院経済学研究科, 修士課程
  • 1995年04月 - 2000年06月, 国際基督教大学, 教養学部, 社会科学科

所属学協会

  • Japanese Association of Financial Econometrics and Engineering
  • Japan Health Economic Association
  • American Economic Association
  • Econometric Society

経歴

  •   2017年08月,  - 現在, 小樽商科大学, 商学部経済学科, 准教授
  •   2016年01月,  - 2017年11月, 経済産業研究所, 研究員
  •   2010年08月,  - 2017年07月, 政策研究大学院大学 政策研究科, 政策研究科, 助教授

研究活動情報

研究分野

  • 経済政策
  • 応用経済学

研究キーワード

    パネル分位点回帰, 動学パネル分析, 金融計量経済学, 国際情報交換, カリブレーション, オプション価値, オプション理論, 人的資本, 自殺, 卸市場, 卸市場分析, 小売市場分析, 電力自由化, アンバンドリング, 電力市場, 小売市場

論文

  • Markets for Balancing Power and Transmission Rights Operated by the European TSOs: Implications for the electric power system reform in Japan
    池田真介, RIETI Policy Discussion Paper Series,   2018年01月
  • Effects of Short Sale Ban on Financial Liquidity in Crisis and Non-Crisis Periods: A Propensity Score-Matching Approach
    池田真介, Applied Economics, 49, (28) 2711 - 2718,   2017年, 査読有り
  • A Note on Mixingale Limit Theorems and Stable Convergence in Law
    池田真介, Communications in Statistics - Theory and Methods, 46, (19) 9377 - 9387,   2017年, 査読有り
  • Graphical Analyses of Occupation-wise Suicide Risk in Japan
    池田真介, GRIPS Discussion Paper Series, 16, (3) ,   2016年05月
  • A Dynamic Panel Analysis of Suicide in Japanese Municipalities
    池田真介, Economics Bulletin, 36, (2) 640 - 664,   2016年, 査読有り
  • A Bias-Corrected Estimator of the Covariation Matrix of Multiple Security Prices when both Microstructure Effects and Sampling Durations are Persistent and Endogenou
    池田真介, Journal of Econometrics, 193, (1) 203 - 214,   2016年, 査読有り
  • Dynamic Panel Analysis of HKEx Shorting Ban's Impact on the Relationship between Disagreement and Future Returns
    池田真介, Finance Research Letters, 17, 10 - 16,   2016年, 査読有り
  • Illiquidity in the Japanese Day-Ahead Electricity Market
    池田真介, RIETI Discussion Paper Series,   2017年11月
  • Two Scale Realized Kernels: A Univariate Case.
    池田真介, Journal of Financial Econometrics, 13, (1) 126 - 165,   2015年01月, 査読有り
  • A Contingent Claim Analysis of Suicide
    池田真介, GRIPS Discussion Paper Series, 13, (5) 1 - 26,   2013年05月
  • Three Essays on Bias-Corrected Kernel Methods for the Estimation of the Integrated Covariance of Security Returns
    池田真介, Boston University,   2010年05月, 査読有り

書籍等出版物

講演・口頭発表等

  • Corporate Governance and Economic Performance of Publicly Listed Firms in Hanoi Stock Exchange
    池田真介, Western Economic Association International Meeting,   2018年01月
  • Corporate Governance and Economic Performance of Publicly Listed Firms in Hanoi Stock Exchange
    池田真介, Vietnam Symposium in Banking and Finance,   2017年10月
  • Effects of Short Sale Ban on Financial Liquidity in Crisis and Non-Crisis Periods
    池田真介, International Finance and Banking Society Conference,   2016年06月01日
  • A Dynamic Panel Analysis of Japanese Municipality-Level Suicide Data
    池田真介, 医療経済学会,   2015年09月06日
  • A Dynamic Panel Analysis of MunicipalitySuicide Data in Japan
    池田真介, Singapore Health Economics Association Meeting,   2015年05月11日
  • 自殺率データと全国消費実態調査データの接合
    池田真介, 統計数理研究所 第5回自殺リスクに関する研究会,   2015年02月15日, 招待有り
  • A Contingent Claim Analysis of Suicide
    池田真介, Indonesian Finance Association Meeting,   2014年12月17日
  • A Contingent Claim Analysis of Suicide
    池田真介, World Finance Conference,   2014年12月12日
  • A Contingent Claim Analysis of Suicide
    池田真介, Econometric Society Australasian Meeting,   2014年07月03日
  • Interaction of the Short Sale Ban, Heterogeneous Beliefs, and Liquidity
    池田真介, Institute for Monetary and Economic Studies,   2013年10月, 招待有り
  • Empirical Spectral Measure Approach to Financial Econometrics of High Frequency Data
    池田真介, Asian Meeting of the Econometric Society,   2012年12月
  • Empirical Spectral Measure Approach to Financial Econometrics of High Frequency Data
    池田真介, Institute of Mathematical Statistics Asia-Pacific Rim Meeting,   2012年07月
  • A Kernel-based Estimator of the Spot Volatility Matrix in the Presence of Market Microstructure, Leverage Effect and Diurnal Heteroskedasticity
    池田真介, Econometric Society Eastern Asian Meeting,   2011年08月
  • A Bias-Corrected Rate-Optimal Estimator of the Covariation Matrix of Multiple Security Prices with Dependent Noise
    池田真介, SETA Meeting,   2010年04月
  • Two Scale Realized Kernels
    池田真介, EC2 Real Time Econometrics,   2009年12月
  • Two Scale Realized Kernels
    池田真介, Econometric Society Far Eastern and Southeast Asia Meeting,   2009年08月
  • Two Scale Realized Kernels
    池田真介, Econometric Society North American Summer Meeting,   2009年06月

受賞

  • 国際基督教大学, 高山晟経済学奨励賞, Microeconometric Analysis of Social Choice Theory
  • Boston University, Boston University Graduate School of Management Finance Fellowship 2005-2006
  • The Nakajima Foundation, The Nakajima Foundation Scholarship Program (Management Field) 2005-2010
  • Boston University Department of Economics, Distinction in Ph.D. Macroeconomics Qualifier Examination 2005
  • Boston University Department of Economics, Summer Research Grant 2008, 2009

競争的資金

その他

  •   2018年06月, 小樽商科大学 海外(アジア・オセアニア)事情科目 オタゴ大学およびマラヤ大学研修応募者 面接官, 小樽商科大学におけるアジア・オセアニア事情科目としてのオタゴ大学 (ニュージーランド)およびマラヤ大学(マレーシア)での 数週間の語学研修への応募者の面接官。
  •   2018年05月, 小樽商科大学 経済学科 「産業組織論」 人事委員会 委員, 小樽商科大学経済学科の「産業組織論」公募に関する人事委員会の委員
  •   2018年04月, 小樽商科大学 情報処理センター 運営委員会, 小樽商科大学 情報処理センターの運営に関する委員会業務
  •   2018年03月, 小樽商科大学 海外(北米)事情科目 ボストンスタディツアー 随行員及び指導教員, 小樽商科大学の外国地域事情を探る科目としての北米事情科目として、 ボストン(米国マサチューセッツ州)への10日にわたる学生の スタディツアーに同行し、マサチューセッツ州議会や本学と 交換留学提携下にあるレスリー大学キャンパスへの訪問を行った。 なお、本ツアーは、北海道とマサチューセッツ州の姉妹州提携に 基づく友好親善関係を深める目的も帯びており、出発前に北海道庁 国際課関係者との面談や、ボストン滞在中にマサチューセッツ州議員 への表敬訪問も行った。最後に、学生のボストン滞在中の英語による グループ・プレゼンテーションや、帰国後の個別プレゼンテーション の評価を行った。
  •   2018年04月, 小樽商科大学 グローカル戦略推進センター 教育部門 副部門長, 小樽商科大学の交換留学プログラム及びグローカルマネジメントプログラム 副専攻の学生(留学生・日本人学生)向け教育の運用と向上への助言に携わる
  •   2017年11月, 小樽商科大学 海外(アジア・オセアニアおよび北米)事情科目 ウーロンゴン大学およびカルガリー大学研修応募者 面接官, 小樽商科大学の海外事情科目であるウーロンゴン大学及びカルガリー大学での事情科目(3-4週間の語学研修)応募学生の英語・日本語両方による面接官。
  •   2017年10月, ベトナム国家大学ホーチミン校 国際大学 表敬訪問, 小樽商科大学と交換留学提携下にある当該校キャンパスを訪問し、 両校の関係のさらなる進化について意見交換を行った。 具体的には、教員・研究者交流の促進、および本学から 当該校へのスタディツアー立案の可能性について議論した。

教育活動情報

担当経験のある科目

  • Glocal Seminar III, Otaru University of Commerce
  • Business Economics II, Otaru University of Commerce
  • Glocal Seminar IV, Otaru University of Commerce
  • Business Economics I, Otaru University of Commerce
  • Statistical Analysis, International Christian University Graduate School of Public Administration
  • Time Series Analysis, National Graduate Institute for Policy Studies
  • Advanced Macroeconomics IV, National Graduate Institute for Policy Studies
  • Advanced Econometrics IV, National Graduate Institute for Policy Studies